ラジサマリー

芸能人のラジオ・テレビ番組での発言まとめサイト

神田松之丞、NHK番組でバナナマン日村の代役に抜擢されるも情報解禁前に喋ってしまい「降板させられた」経緯

   

TBSラジオ「ラジフェス」での発言

神田松之丞:芸能界って面白いなぁって思ったのが、今度ね、4月からかな。NHKの番組で、アニメの番組が始まって。

塙宣之:はい。

神田松之丞:なんかその、たぬきの声優の役をやらせていただくんですよ。結構大きい仕事でね。教育番組なんですけど。

塙宣之:うん。

神田松之丞:「松之丞さん、ぜひ」って言われて。ところがもうね、パイロット版はすでにやって、それが好評だったって言うんですよ。

土屋伸之:ええ。

神田松之丞:「ちょっと待ってください。パイロット版の声優いたでしょ?」って言ったら、「ちょっと不祥事を起こして」って。

土屋伸之:え?

神田松之丞:いわゆる昔に、未成年とちょっとそういうことがあった、みたいなことで。

塙宣之:ああ。

神田松之丞:それでちょっとダメになっちゃったんで、松之丞さんにお鉢が回ってきたっていう。まぁ、TBSラジオでもおなじみの人だと思うんですけど。

土屋伸之:ああ。

神田松之丞:「ああ、だから芸能界って、こうやってお鉢って回ってくるんだなぁ」って思ってて。凄いとっても楽しい話だなって思って(笑)

塙宣之:はっはっはっ(笑)

土屋伸之:真面目にコツコツやってれば、なんか回ってくるっていう(笑)

神田松之丞、NHKの番組で「パイロット版ではバナナマン日村」だった声優の仕事が回ってきたと明かす「不祥事を起こして…」

ホリプロコムいじりも

土屋伸之:TBSラジオの偉い人、今日、いっぱい来てるんだから(笑)

神田松之丞:やっぱり、マセキではホリプロに勝てないのかな?

出水麻衣:そこまで言っちゃうんですか(笑)

土屋伸之:勝てるわけがない(笑)

神田松之丞:勝てるわけない(笑)

塙宣之:俺ら、まだギリギリだからさ、怖いんだよね、もう。ないでしょ?背負ってるものとか。

神田松之丞:そうなんですよ、たしかに背負ってるものないからよくないのかもしれないですね(笑)なんか背負った方がいいかも。

塙宣之:だって、事務所はフリーだからね。

土屋伸之:あ、そうなんだ。

神田松之丞:恥ずかしいんですよ、フリーで。

塙宣之:自分でギャラ交渉してるんですよね。

神田松之丞:そうなんですよ。だから、『ENGEIグランドスラム』とか出させていただいた時も、一人だけフリーって恥ずかしいんですよね。

神田松之丞、バナナマン日村の淫行ネタについては黙るナイツに「事務所の力が強いのか、黙りますよね(笑)」と発言

情報解禁前の発言でNHK上層部が激怒

神田松之丞:「口は災いの元」っていうことわざがありますが、この番組、長くやっていて、不用意な発言に溢れていたんですが。この度、めでたく決まっていた仕事が降板になりました(笑)反省してます。

ラジオの友は真の友、『神田松之丞 問わずあたりの松之丞』始まりでございまーす。

…俺は、まぁ社会に甘えてたのかもしれないなぁ。所詮、こんなちっちゃい小物がいうラジオなんて、誰も聴いてないと思ってたんだけど。やっぱり、多少を小金持ってる芸能関係者は怒るよね。

いや、ちょっと色々あった、申し訳ない。いや、だから本当にさ、なんだろう。俺を抜擢してくれたディレクターとかね…今、ボカしながら喋ってますよ。なぜなら、二次被害があるから(笑)

ボカして、ボカしてね。なんとなく察してね、リスナーもね。俺はさぁ、そもそもリスナーがさ、なんかこう喜んでいただきたいと。リスナーの汚ぇ、小さいシワだらけの笑いをとるために。

その汚ぇ、シワだらけの大輪の花を咲かせるために、降板させられてんだ、こっちは。お前らのせいで。どうしよう?これもう。がんじがらめだよ。電話かかってきたの。で、具体的なこと言えないんだよ。降板させられてるから(笑)

こっちも、ロック歌手みたいにさ、「降板させられて、冗談じゃねーよ」みたいな(笑)まぁ、なぜ江戸っ子なのかわかんないけど(笑)とにかく、それに対して「うわっ!」って反発とかじゃないの。もう、俺も35だから。

「ああ…みんな、俺のせいで申し訳ないなぁ」っていう。ちょっと、申しわけないって気持ちの方が強いよ。

ああ、もうヤダ。降板ってヤダなぁ。降板って、なんで降板があるんだろうな、この世の中に。なで俺、降板させられたの?

理由がさぁ、何か電話がかかってきたんだよ。「松之丞さん…」って、こんな感じなの。普段、明るい人なんだよ、そのディレクターが。飛び抜けて明るいの。暗いんだよ、そいつが。電話をかけてきてさ。

「どうしたんです?」って言ったら、「あの…ちょっと言いにくいんですけど…」って。「なんですか?言ってくださいよ。どうした?どうした?どうしたの?」っつって。「なんかあったの?」っつって。

「松之丞さんが、この前、先週か先々週かですかね…」って。いつの先週かとか言わないよ、ボカしてっから、俺も。「とにかく、松之丞さんが言ってはいけない、まだ決まってもいないことをラジオでお話されて。ウチらだけの問題じゃなくなって、上層部が大変お怒りです」って。

それに対して、「ふぅん」って。「ああ、そう」って。「いや、ふぅんじゃなくて。大変お怒りでして。あの…これは言いにくいんですけど、明日、呼び出しをくらってます」と。「ああ、そうですか」と。

「そこで正直、色んな話し合いになると思うんですけど、私の長いディレクター人生の中で、こういう形だと、ひょっとしたら降板かもしれません」って。「理由は?」っつって(笑)

「いや、だから理由は、松之丞さんが不用意に言ってはいけない情報を、世界に流したからです」って(笑)「世界ったって、TBSラジオだろ?そんな聴いてないよ、今、ラジオなんか誰も」「いや、ネットニュースとかなって…」って。

「なに?お前の上層部、ネットニュース見てんのか?(笑)」って。「いや、ネットニュースとかじゃなくて、世間に知れ渡っちゃったんで。そういうの、本当にダメだと思うんですよ」っつって。

「それは、僕も約束したじゃないですか。松之丞さんに、具体的な名前とか出さないでくださいとか。あそこの事務所がどうだとか、そういうのは一切言わないって約束だったじゃないですか、松之丞さん」って。

「約束したね」って。「松之丞さん約束して、『ボカすならいい?』って言ったじゃないですか」って。「ボカしたじゃん。俺、ボカしたよ、随分。全然、だって具体的なことなんか出てない。ウソも言ったし、凄いボカしたよ」って言ったんだけど、その人が「粗いんですよ、ボカしが」って。

映倫みたいなことを言い出すのよ(笑)完全に、子宮が見えてんだって、その人に言わせると(笑)ガンガン、見えてんだって(笑)で、違うところボカしてんだ、と。「松之丞さん、ふとももの付け根みたいなところボカしてますけど、子宮がもう完全に見えちゃってます」と。

神田松之丞、バナナマン日村のNHK番組降板で「お鉢が回ってきた」発言で自分も降板させられたと告白「上層部が大変お怒りです」

「降板の理由はなに?」って言ったら、「まず、言っちゃいけない情報。まず、松之丞さんが、4月以降にスタートする番組において、まだ松之丞さんが正式発表になってない段階で、俺が出演を決定したってことを、そもそも言うべきではなかったと思います」って言うの。

もう、ぐうの音も出ないじゃん、こっちも。「いや、知ってるよ」って思って。「本当はそれじゃないんだろ?違いますよね?」「それは公の理由ですよ」って。

その人は、話分かるいい人でさ。そもそも、俺みたいな奴を起用しようと思ってるから、俺はこの人に本当に悪いと思ってるんだよ。今、こうやって面白おかしく伝えてるけど、心で泣いてんだ、俺は。寅さんと一緒。心で泣いてのよ。

「何なのよ?理由は」って言ったら、「おかんむりです、色んな人が」って。まぁ、大人っていうのは、やっぱそのいろんなね、メンツもありますし。「今回ね、向こうの事務所さんサイドがね、松之丞さんは、事務所が多分圧力かけたみたいに思ってると思うんですけど、事務所は全然怒ってないですよ。うちのテレビ局が、凄くやっぱり上の人がね、不用意に言ってしまったということで」って。

その上層部の、さらに上の上層部にまで届いてますと。どこまで届いてんだよ、と。ドラゴンボールで言うと、カリン塔を登った、さらに上があるみたいな感じなのよ。神様が怒ってんだって。

じゃあ、ダメじゃん。神様が怒ってんだもん、詰んでんじゃんと思って。

神田松之丞、NHK番組への出演発表前にラジオ番組で喋ってしまい上層部を激怒させてしまったと告白「上層部の上まで…」

 - 神田松之丞