ラジサマリー

芸能人のラジオ・テレビ番組での発言まとめサイト

「店員の態度・言動」に怒りを覚える爆笑問題・田中や山里亮太らのエピソードトークまとめ

   

爆笑問題・田中、古着屋で激怒

田中裕二:(古着屋で)見てて。キャップがあったんで、ちょっとそれを、「いいかな?」って思って、鏡があったから、鏡の前で被ったわけ。

太田光:うん。

田中裕二:そんで、その帽子を元に戻した…ぐらいの時に、「あ、すみません。帽子かぶる前は一言、言ってください」って言われたわけ。

太田光:へぇ。

田中裕二:まぁ、そこは俺は、「ああ、そうですか。すみません」って言いました。

太田光:ちょっと、半笑いだったとか?(笑)

田中裕二:いやいや、笑ってないですよ。笑ってないですけど、でも、一応そこは、もちろん俺も、何十年も生きてて、古着屋なんて何百軒も行った中で、初の出来事だったからね。

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:古着屋に限らずですよ。どんな洋服屋さんでも、帽子の試着でね…試着室に行くようなものだったら、別だけど、帽子をかぶって鏡を見た時に、帽子をかぶる前に、店員さんに「これ、かぶっていいですか?」って言わなきゃいけないルールは、俺は知らなかったから。

太田光:うん。

田中裕二:そこの店はそうだったんだろうけど、まぁ、ごめん。何百軒も行った中では、一軒もなかったから、知らなかったから、そこはでも…

太田光:「ああ、すみませんでした」って。

田中裕二:「ああ、すみませんでした」って。それで、その間、誰も客いないんですよ。

太田光:うん。

田中裕二:その後も、そのオジさんは、何にも俺に対して言ってこないで、黙って居るの。で、俺はじっくりと、色んな洋服を見て。

太田光:わざと?

田中裕二:「わざと」って言うか、普通に見てたんだけど。でも、俺はその時の気分的には、それが気になったから、「もう、ちょっとこの店いいかな…」って半分は思ったんだけど。

太田光:絶対に思うよね、短気な君はね。

田中裕二:ちょっと思ったんだけど。でも、「いい服あったら買おう」と思ったから。で、「まぁ、いいかな」って思ったんだけど。もう一個、別のキャップがあって。

太田光:良さげな?

田中裕二:うん。で、「これもどうだろうな?」って。じゃあ、言おうと思って。「あ、すみません。ちょっとこれ、かぶっていいですか?」って訊いたら、そいつ、俺を全く見ずに、目線を下にしたまんま「ふん、ふん」みたいな感じの頷き。分かる?俺を見ないわけ。

太田光:「もう訊くなよ、あえて」みたいな感じ?

田中裕二:もう、下向いて頷いたから。そのまま…

太田光:どうした?どうした?

田中裕二:そのまま、置いて。黙って出てきた。

太田光:よくそれで、(腹の虫が)収まったね?

田中裕二:もちろん、それはだって言わないよ。

太田光:「いや、ちょっと…」みたいな。いつもの半笑いの。

田中裕二:それは別に、凄いことをされたわけじゃないからね。言わないけど、「こんな店は、そりゃ俺だけだろうな、客は」って思ったね。「あんな接客してる店は、そりゃ無理だわ」っていう風に思って。

太田光:うん。

田中裕二:俺はもう、黙って(帽子を)置いて。「二度と来るか!」って思いながら、店を後にしましたよ。

太田光:うん。

田中裕二:もう、本当に久々に「くーっ!」ってなったけどね。腹立ったわぁ。

爆笑問題・田中、古着屋店員の接客態度に立腹したと告白「二度と来るか!」

バカリズム、ラーメン屋の食券をめぐる分かりづらいシステムに怒り

バカリズム:今日ですね、ちょっと前に特番の収録がありまして。ここの入り時間が、20時なんですけど、ちょっと時間が空いたんで御飯を食べに行ってきたんですね。あるラーメン屋さんなんですけど。

カウンターだけのお店で、僕は初めて行くところですよ。どういうお店か分からないんですけど、美味しいのか美味しくないのか分からないですけど、とりあえずお腹は空いてたし、空いててパッと入れそうだったから行ったんです。

それでカウンターに座りましたら、「券売機で食券をお求めください」と。券売機で食券を求めてから、席に着いて、そこで初めて注文を受ける、というシステムだったんですよ。僕も知らなかったから。

そういうときに、よくありません?券売機って、食券を求めてから座らなければならないときの、お客さんが間違って最初に席に座った時の、あの店員さんの言い方、ちょっとキツくないですか?アレ、なんなんですか?そんな悪いことした?

もちろん、丁寧な言い方してますよ。「あちらの券売機で食券をお求めください」と言ってます。活字にするとそういう風に言ってますけど、もう言い方のニュアンスとしては、「おい、おい、おい!座んじゃねぇよ。何座ってんだよ、バカじゃねぇの?」って。バカじゃねぇの?感、半笑い感、アレ何?

しかもね、入り口が一個しかなくて、入ってすぐのところに券売機があって、そこで求めなかったヤツには「ちょっと待て」と。「何してるんですか、座らないでください。あちらで食券をお求めください」と言われるんだったら分かります。

でも、そこのお店、入り口がいくつかあるの。しかも、そこそこ大きい入り口がドンって2つあって、券売機は1個しかないんです。初めてくる人は、五分五分の確率でそこに行くんです。

ねぇ?五分五分の確率で、食券を買い忘れてるんです。しかも、座ろうとしたところに、何か書いてあるわけでもない。張り紙があるわけでもない。その券売機しかないんです。なのに、そんな善良な市民に対して、「おい、待て」と。「座んじゃねぇよ、食券を買えよ」と(笑)

バカリズム、券売機のあるラーメン屋店員の態度に激怒「張り紙しろや!」

ナイツ塙、ラーメン二郎の店員の態度に疑問

塙宣之:(ラーメン二郎の)店員さんが「もう二度と来ないで下さいね」って言っちゃって、「私、そういうことつい言っちゃいましたけど」みたいなことをつぶやいて。それが、「お客さんにそんなことを言っちゃダメだろう」って人と、「そのお客さんが失礼だろ」っていうのがあって。

出水麻衣:議論になって。

塙宣之:それが俺、「今日のニュースに入っているかな?」と思ったら、入ってなかったから、やくさんに、どうしてもそれを聞きたくて。

土屋伸之:ふふ(笑)

やくみつる:体調とかで、食べきらないとか。そういう人は大勢いると思うけども、これの場合は、明らかに茶化し半分のチャレンジだと思うのでね。そういう客はいらないよなと思うな。

塙宣之:ああ、なるほどね。

土屋伸之:塙さんは?

塙宣之:俺は、「小と大」って、分かりづらいなと思って。だったら、「大を作るなよ」っていう。

土屋伸之:「並」とか?

塙宣之:「初めに説明するくらいだったら、そんなメニュー作るなよ」っていうか。

土屋伸之:ああ。

塙宣之:なんかね、ちょっと思ったんだよね。ラーメン二郎、俺、好きでよく行くんだけど、たまに店舗によっては、「ウチのルール、分かって来ないの?」みたいな、横柄な店員がいるんですよ。

土屋伸之:「知らねぇのかよ」みたいな感じ。

出水麻衣:へぇ。

塙宣之:そう。恐らく、そういう感じもしたから、ちょっとなんかムカついちゃって。

土屋伸之:トラブルになったんじゃないか、と。

塙宣之:なんじゃないかな、とか。

土屋伸之:そのへんはちょっとね、双方の意見を聞いたわけじゃないから分からないですけどね。

塙宣之:分からないけど、俺らが「下ネタの漫才をメッチャやりますよ」って言って。

土屋伸之:ああ。

塙宣之:「全然観たいです!」って言うけど、途中で引いちゃった、みたいな(笑)

土屋伸之:はっはっはっ(笑)全然違うわ、一緒にしないで下さい(笑)

ナイツ塙、ラーメン二郎の店員が客に「二度と来ないで」と言った問題に「『ウチのルール分からないの?』って横柄な店員がいる」

岡村隆史、コンビニ店員に対する疑問

岡村隆史:コンビニとかもさ、本当に深夜とかさ、外国人の方がレジ入るやんか。今日も話しててんけど、本当にマニュアルしかやってくれはらへんねんな。

こうなんか、レジの前いっぱい並んでも、他の人、黙々と自分の仕事して。レジ、これ2個開けたらエエのになって。2人入ってるやんか、深夜って言ったら、大概1人ではないから、2人入ってんねんけど。

俺らん時なんかは、色々品出しやらしてても、レジの人がたまってきたら、レジ入って、「お客様こちらへどうぞ」ってやってくれって言われてたのよ。

ところが今、並んでても、全然黙々と自分の仕事しはるから。そこがだから、教えられてないからなんやろな。

たまにおっさんとか怒るもんね。「ちょっと、レジ開けてよ」って。言われても、なんか、なんやろなぁ、あんまり意味わかってへんのか。なんか深夜なんか特に、もし並んでても、全然自分の仕事しはる人が多いよね。

これもほんま、一応、コンビニでアルバイトしてたから、それはちょっと言われててんけど。今、ちょっと違うのかなぁ、それ。もしかしてそういう指導されてないのかも分からんなぁ。

岡村隆史、外国人コンビニ店員が多くの客がレジ待ちしていても品出しを続けることに疑問「マニュアルしかやってくれない」

劇団ひとり、悪ノリするピザ屋店員に激怒

カンニング竹山:ピザとか頼んで。ピザ屋さんが来たら、(上島)竜兵さんに、なんかギャグやれって言ったんだっけ?

劇団ひとり:竜兵さんに、「竜兵さんが出てったら、面白いですよ」って言って。いつも、竜兵さんにカネ持たせて。それで、竜兵さんがそのピザ屋さんに「ヤーッ!」って(笑)

カンニング竹山:そう、そう(笑)

劇団ひとり:やるんです。

吉田明世:悪ノリ(笑)

カンニング竹山:まぁ、スベるんだよ(笑)

劇団ひとり:そしたらそれね、「ヤーッ!」って出てった瞬間に、店員さんがね、「からの~?」って。

カンニング竹山・吉田明世:はっはっはっ(笑)

劇団ひとり:竜兵さん、ブチギレちゃって(笑)

吉田明世:舐められてますね(笑)

劇団ひとり:「『からの~?』じゃないんだよ!」って。「俺が、ヤーッをやってんのに、なんだそれは!」って、もうマジギレしてましたね(笑)

カンニング竹山:素人にイジられるの嫌がるからね(笑)

劇団ひとり:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:竜兵さんね、芸人がイジるのは良いんだけど、素人がイジってくると、本当に怒るから。

劇団ひとり:そう、そう(笑)

吉田明世:ピザ屋さんは、ダメだった(笑)

劇団ひとり、ダチョウ倶楽部・上島竜兵がピザ屋の店員にイジられてブチギレていたと暴露「なんだそれは!」

山里亮太、Apple新宿の店員の発言にショック

山里亮太:専門の人に聞くのが一番だなぁって思って。で、行ったわけ、リンゴのお店に。そしたら、俺が本当に説明とかがダメだから。恥ずかしいけど…女性のね、店員さんがいて。聞いたの。「すみません、お忙しいなか…」って。

「モバイルSuicaのことなんですけど、ある時から、規格かなんか変わったかなんかで、全然アクセスできなくなっちゃったんですけど」って言ったのさ。そしたら、向こうが「え?JRに行くんじゃなくて、ここですか?」って言われたのね(笑)

むちゃくちゃ恥ずかしくない?(笑)だって、「オジさん、何言ってんの?ここ、リンゴ屋さんだよ。リンゴ屋さんに、何しにきたの?」っていうことじゃん。もう、照れちゃってさ(笑)

俺は、だからこういう時に削除する方法とか。あと、ちょっと前のスマホだから、俺のやつ。あわよくばこれをきっかけに、「Xに変えたら、この謎は解消されますかね?」とか聞きたかったんだけど。

もう「JRじゃなくてですか?」って言われたら、心、バッキバキに折れちゃって。「はっ!」って照れちゃって。一応、「すみません、規格が変わったとか、パスコードが8桁から9桁になったからとかって言われたんで。それって、スマホの問題かなぁって思って」「それ、iPhone 7ですよね?私、7で普通にSuica使えてますけど」って言うのね。

「けど」で止まるってことは、「お前がバカなんじゃん?」って言われてるような気になってくるわけ、俺は。「使えてるけど、ジジィ、おい。おい!ジジィ!」って聞こえてるようになって。全然、そんなことは言ってないのよ。凄い冷静に、タブレット見ながら説明してた。そのタブレットも、俺の案件じゃなかったんだけど。

あの人たちってさ、俺の知ってる情報だと、すげぇハイタッチとかしてるから、気さくな人たちかなって思ったのよ、俺は。だってさ、新しいのが出たからって、ハイタッチするような、すげぇフレンドリーな方なわけじゃない。フレンドリーにしてくれるかと思ったら、一瞥ぐらいだったかな、いただけたのは。

怒ってるとかじゃない。恥ずかしい、と。そこでちゃんと説明できなかった。「じゃあ、JRに行ったら…」って。こういう問い合わせ、来てたと思うの、いっぱい。だから、面倒くさいのもあると思う。

「じゃあ、JRとかに行ったら、いいんですかね?」って言ったら、「そうじゃないですか」って言われたから、JRに行って。

山里亮太、iPhoneのモバイルSuica不具合でApple 新宿で相談するも店員の冷たい対応にショック「心、バッキバキに折れちゃって」

 - 未分類