ナイツ塙、インディアンスのM-1グランプリ2019でのネタは勢いだけで「文字にした時にあんま面白くない」と酷評

2019年12月26日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、インディアンスのM-1グランプリ2019でのネタは勢いだけで「文字にした時にあんま面白くない」と酷評していた。

中川家・礼二:どうやったの?インディアンスは。

塙宣之:インディアンスはやっぱり…そうですね。う~ん…くすぐらないというか。

礼二:うん。

塙宣之:まぁまぁ、ツッコミが…だから、文字にした時にあんま面白くないなって思って(笑)

礼二:ふふ(笑)

塙宣之:これは厳しいあれですけど(笑)

礼二:ふふ(笑)

塙宣之:勢いとか、そういうものがあるとは思うんですけどね。

:うん。プロが見てるしね、余計に。

塙宣之:はい。っていうことなのかなって思っちゃいますけども。

礼二:笑神籤って、後半に待たされるのってしんどそうですね。

清水ミチコ:しんどそうだったね、あれ。可哀想だった。

土屋伸之:しかも前のコンビがどんどんウケてくと、早く出てくれ、みたいな。

清水ミチコ:早く楽になりたいよね。

礼二:あれはでも可哀想ですよね。見てる方は盛り上がるやろうけど。本人らはやめて欲しいやろうね。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事