岡村隆史、吉本興業が反社会的勢力との関わりに今以上に厳しくなって営業も少なくなる可能性を指摘「仕事もちょっとキュッとなる可能性も」

2019年6月27日放送ニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、吉本興業が反社会的勢力との関わりに今以上に厳しくなって営業も少なくなる可能性を指摘していた。

岡村隆史:今度から、もうちょっと営業…まぁ、吉本、今の吉本がもうそんなことないと思うけれども。ちょっと、この今までの営業のスタイルとはちょっと違う、営業の仕事、凄い見極めなアカンやろうし、なんでもかんでも「行こか」ということにはなれへんやろうし。

だから、まぁちゃんとした吉本の劇場と、ちゃんとしたイベント、イベント事。そして昔からのお付き合いの営業先であったりとか。今まで、何でもかんでもワーッと仕事とってた部分は、もしかしたらあるかもわからへんけれども、そういう部分ではちょっとこう、仕事もちょっとキュッとなる可能性も、なきにしもあらずじゃないですか。

でも、芸人さんはどんどん増えていく。そうなった時に、今後、その仕事のやり方であったりとか、仕事の取り方みたいなが、まぁちょっと変わってくるというふうには、まぁ思うてるんですね。

だから、僕なんか営業行ってなかった分、今後そういう仕事がなくなっていった時に、まぁ、「すみませんけども営業、入れてもらえますでしょうか?」って、吉本にお願いするか、潔くもう「ありがとうございました」って言うて、もう辞めるか。

辞めて、個人で直行くか(笑)そういうふうにしていくしか、もう食うて行く方法がないからね。今のうちに、もうお金貯めといて、スナックやるかよ。スナックやって、もう霜降り明星とかに「ちょっと来てぇな」って。「ちょっとだけ、5分だけネタやってぇな」って言うしかないわ(笑)

関連記事

岡村隆史、宮迫博之の闇営業問題での謹慎に蛍原徹は「宮迫がおったから今こうしていられる。だから、どうなってもかまへんねん」と言っていたと明かす

岡村隆史、テレビの仕事がなくなったら劇場に戻れるわけでもなく「闇営業に行かなアカンようになる」と発言

岡村隆史、若手時代の学園祭の営業で「ギャラが払われず、楽屋のフライドチキンだけだった」というエピソードに「もう十分、元取れた」



岡村隆史のANN

本日の人気記事