岡村隆史、『スターどっきりマル秘報告』で反社会的勢力の会合でネタを披露するドッキリにかけられた過去「物凄いギャラ渡されて…」

2019年6月27日放送ニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、『スターどっきりマル秘報告』で反社会的勢力の会合でネタを披露するドッキリにかけられた過去について語っていた。

岡村隆史:で、これだからもうね、今やからこんなもん一発アウトに近いけれどもやね、僕らの『スターどっきりマル秘報告』ね、あの有名なフジテレビであった、『スターどっきりマル秘報告』のドッキリ。

ショートドッキリちゃうで、本意気のドッキリで、なんのドッキリって、ヤクザの余興ドッキリやからね。

もう、車に乗せられて、マネージャーと。「次、どこ行くんですか?ちょっと仕事入ってるから」言うて、行ったらもう、変なごっつい松の木生えてるようなお家のところにバーっと入っていってやな。

ほんならもう、めっちゃ怖い役者の方やったけども、「ご苦労さまです!」って言われて。「あ、ただ事やないな」っていう。

「今日はありがとうございます」って言うて、そこでネタやれ、みたいな。で、ネタやって。「物凄いギャラ渡されて、いや、そんなん受けとれません」みたいな、そういうドッキリやってんもん。

そうやって昔は、そういうのもお笑いの世界というか、こういう業界やったら、こういうところも行かなアカンねんなぁと思ってるから、だからドッキリが成立してたわけやんか。

そんなんやってん。親分がなんか…ほんで、ちょっとやっても、誰も笑わへんわけよ。地獄の10分、15分で。で、多額のギャラもらうっていう、デッデデー、みたいなさ。そんなんばっかりやねん。あちこちで揉め出してやな、コワモテの人らが。

「何やってんだよ」「親分が気に入ってるからいいだろ」みたいな、そんなドッキリを仕掛けられてる、時代やったんです。そんなんがあった。

だから、今はこんなアカンけども、やっぱりそういう仕事も、昔からまぁ先人の方々は、そういう仕事もやって来はったんやろし。そういうのやってきたからこそ、もう時代とともにそういうのはやめようって、吉本がやってきているわけですよ。

でも、吉本もその直の営業、こういう反社の人間のイベントはアカンけども、直の営業を吉本も「目をつむっておこう、ここはもう知らん顔しといたるで」っていう、会社やったんですよ。

でも、それが増えていくと、こういうことにも当たってしまうと思うしやね。もう大変なわけですよ。



岡村隆史のANN

本日の人気記事

本日の人気記事