M-1やキングオブコントなどの賞レースで活躍した芸人が「ブレイクするか否か」の分かれ道についてのトークまとめ

M-1グランプリやキングオブコントなど、有名な賞レースで活躍した芸人さん、コンビが、「ブレイクするか否か」という問題がありますが、その分かれ道についてのトークをまとめてみました。

お試し期間「3ヶ月」で成果を残せるか否か

ネタメール:売れっ子になって、一番忙しかった時っていつ頃ですか?

小峠英二:ああ。

土田晃之:M-1なんかではよくいますよね。「電話が鳴りやまない」とかって言うけど。

小峠英二:いや、でも本当に優勝直後の3ヶ月ぐらいはやっぱり、相当だったと思いますね。

土田晃之:ああ、本当?

小峠英二:優勝決まって。で、その打ち上げの席で、マネージャーの電話がもう、本当にリアルに止まんないんですよ。

土田晃之:へぇ。

小峠英二:ずーっと鳴っててスケジュール表を見ながら書いてて。「これ、とんでもないことが今起こってるな」っていう感じでしたね。

土田晃之:だからもう僕らからすると、毎回、賞レースで優勝するコンビはいるわけじゃないですか。漫才も、コントもピンもね。今だったら女性芸人もあるけども。

小峠英二:うん。

土田晃之:絶対そうなるんじゃない。でも、その3ヶ月を耐えたってことだからね。

小峠英二:そうですね。

土田晃之:あれって、本当に大変な3ヶ月で、テレビに出てない人たちが急に出て、周り百戦錬磨の奴らに囲まれて、みんな優しくはするのよ、ゲストだから。

小峠英二:うん、うん。

土田晃之:でも、それをやりながらも、みんなが「ああ、コイツらこの程度なんだな」とか、「コイツらやるな」って測られてる感じが凄くあるじゃない。

小峠英二:そうですね。

土田晃之:そこを超えると、こうやって今みたいに仕事があるんだろうなって。

小峠英二:うん。

土田晃之:本当に超えてるのは小峠ぐらいで。

小峠英二:そんなことないと思いますけどね(笑)

土田晃之:M-1はいっぱいいるんだよね。漫才だからなのかね。コントって全く別だから。

小峠英二:役をやるとか、キャラ入れてっていう。漫才とは違うから。

土田晃之:かまいたち、本当に頑張ってる。霜降りもM-1で勝ったりして、あの辺が相乗効果で出てくればいいし。

土田晃之、M-1やキングオブコントなどの賞レース優勝コンビを待ち受ける「3ヶ月」でその後が決まると語る「百戦錬磨の奴らに囲まれて」

土田晃之「優勝≠売れる」

土田晃之:みんな芸人さん、吉本の芸人さんだと、「M-1優勝」って冠はどうしても欲しいと思う方が多いと思うのも当然だと思うんで。歴代もなかなかのメンバーが揃ってるしね。

でも、M-1優勝したから売れる、みたいな感覚はないんでしょ。賞レースは特にさ。M-1だけでなく。M-1が多分、一番上の大会だと思ってますし、キングオブコントで優勝って言ったって、小峠でしょ。それで出てきて、世間が知らなかった奴が急に優勝で、さらに今もテレビで活躍してるのは小峠じゃないって。

M-1はそう考えると、中川家、ますおかとか、フットボールアワー、アンタッチャブル、ブラマヨ、チュート、サンドって色々いるわけだから。その半面、自虐的なネタにもしてるけど、パンクブーブーとか。パンクブーブーに関しては、二冠でしょ。THE MANZAIもだから。

M-1がこれで終わりってなって、5年ぐらい空いたんだよね。その間に、THE MANZAIがM-1の変わりみたいになってたけど。そこでも優勝したからね、パンクブーブーなんて。

だから、最近だととろサーモンだし、その前は銀シャリ。銀シャリだって、まぁそんな言うほどね、見るわけでもないわけだからさ。これが、テレビで売れるのはまた別で、そう考えたら優勝の冠はね。

土田晃之、「M-1優勝したから売れる」という考えは間違っていると語る「テレビで売れるのはまた別」

オードリー若林、9ヶ月で終わる「バラエティ一周」

スギちゃん:年明けにパッタリ(消える、仕事が無くなる)っていうのは、誰が仕向けてるんですかね?視聴者の方が『ホントにもう要らない』っていっているのか、スタッフさんが『もう良いんじゃねぇ?』って言ってるのか?

若林正恭:多分、スタッフさんだと思うんですよ。芸人の間で、”1周目”っていうのがあって。おしゃれイズムとか『今までどうでしたか?』っていう各番組を回ったら、2回目ってないじゃないですか。その番組ではもう聞いたから。

宮迫博之:うん、うん。

若林正恭:それが終わって、年末年始に出たら、それが終わるんじゃないかなって思うんですよ。だから、”1周目”で仲良くしてくれるスタッフさんができるかどうかなんです。”1周目”って、芸人のパドックみたいになってると思うんです。

スギちゃん:うん、うん。

若林正恭:色んなスタッフさんにあって、そこで買い手がつかなかったら、もう(買い手)つくことはないですね。

宮迫博之:そうか。

若林正恭:色々使ってくれたり、仲良くしてくれるスタッフさんに、仕事もらう、みたいな。稀ですけどね、2週目3週目で仲良くなるっていうのは…ごめんなさいね、ちょっとマジなトーンで(笑)

宮迫博之:だから、よく言われるのが『最終的にエェ奴やないとアカンよな』って。

若林正恭:そう、そうです。

宮迫博之:人とのかかわり合いやから、だから天狗的なことで、スタッフさんに嫌われてしまったら、買ってくれへんもんね。

若林正恭:”1周目”でずっと仲良くしてくれる人と、その旬の時だけの人がいて。別の枠の番組まで観てくれて、それにもアドバイスしてくれるスタッフさんって、ずっと仲良くしてくれるんですね。

蛍原徹:うん、うん。

若林正恭:でも、後ろからきて、肩とか揉んで『いやぁ、ノリに乗ってて』っていう人は、そこだけです(笑)

スギちゃん:うん、いるいる(笑)

蛍原徹:未だにいるよね。スギちゃん、どう?実際にやられるやろ?

スギちゃん:経験してますね。それは完全に胡散臭いんで、信用しないでおこうって思いますね。

春日俊彰:あと、スタッフさんで『サインもらっていいかな?』っていう人ね。そういう人もちょっと危ないと思うなぁ。

スギちゃん:一緒に写真撮って、とかですよね。

小島よしお:『サイン書いて』って言われて、明らかに宛名で源氏名っぽい名前を書いてくれっていう人もいて(笑)

宮迫博之:恐らく、おねえちゃんにあげるやろうっていう(笑)

スギちゃん:写真を撮るのも、飲み屋のねえちゃんに自慢するだけなんですよね。

宮迫博之:『スギちゃんだぜぇ』って(笑)

スギちゃん:『うわぁ、会いたい~』って(笑)そうなんですよね。

小島よしお:忘年会とかもメッチャ呼ばれますよ。俺、1日7軒行ったこともありますから。

一同:えぇ~!

小島よしお:『オッパッピー』って言っては次に行って、『オッパッピー』って言っては次に行って。

蛍原徹:よしおもエライなぁ(笑)

山根良顕:もしかしたら、その中で繋がるスタッフさんもいるかもしれないんです。だから、全部に顔を出してイヤな顔もせずにやっていくしかないんですよね。

若林正恭:1周しかないから。

スギちゃん:1周目って、どれぐらいの期間なんですか?」

宮迫博之:訊くね~、細かく訊くね~(笑)

若林正恭:1年もたないとおもいますよ。9ヶ月くらいで、全部回って。

オードリー・若林正恭:ブレイク後に残る芸人、消える芸人の違い」

オードリー若林、重要な「ネタとフリートークとの関係性」

若林正恭:コンビって、どちらかが強いよね。Hi-Hiだったら、上田さんのダメ出しを岩崎さんが聞く、みたいな。

春日俊彰:うん。

若林正恭:どちらかがイニシアチブをとってるという感じあるじゃない?

春日俊彰:うん。

若林正恭:ネタが上手くいかなくて、「アレをこうしてくれ、ああしてくれ」って言わなきゃならなくなるってことは、その人に合ってないんだろうなって思うのよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:たとえば、『アメトーーク』的な番組だったり、『おしゃれイズム』みたいな番組に、仮に出たとしてね。俺と春日の喋る量って、番組の構成とか打ち合わせによるけど、多分、7:3くらいでやってたと思うんだよね。

春日俊彰:うん。

若林正恭:1週目(ブレイク後、多くの番組に呼ばれる時期)の時って。俺が7で春日が3くらい。

春日俊彰:うん。

若林正恭:春日の面白い話って、春日がしてもダメじゃん。「春日ってこうなんですよ」って、俺が言わないと。春日が「俺って、シャンプーしながらコインシャワー行ってるんですよ」って言ったら、ちょっと変だから。

春日俊彰:うん(笑)

若林正恭:打ち合わせしたときに、春日の面白い話は、俺が背負うから。多分、俺が喋ってるときに、春日がカメラで抜かれてたと思うんだよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それはそうじゃん。俺が喋ってて、春日の面白い話だから。春日が抜かれてるから、それはそうで良いんだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:フリートークライブとかやってるときに、喋る量は、7:3くらいだと思うんだ。オープニングは9:1くらいだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:そのフリートークの割合と、漫才の割合が合ってないと、凄くケンカしなきゃいけないし、ダメ出ししないといけなくなるなって思うんだよね。

春日俊彰:なるほどね。

若林正恭:2人で漫才師が出てきたときに、春日が『いやぁ、最近物騒ですねぇ』とかって話始めるのも、俺達やってたから(笑)もうおかしいんだよね(笑)

春日俊彰:そうだね(笑)

若林正恭:そうすると、『その引っぱりが違うんだよ』とか、『もっとシリアスにやって』とか、ダメ出ししないといけないけど、そんなことはやってても意味がないんだよね。

春日俊彰:そうだね。合ってないからね。

オードリー・若林「漫才は自分たちに合わないネタをやっててもダメ」

有吉弘行、賞レース優勝者にとって大事なスタートダッシュ

有吉弘行:昨日、オールスター感謝祭のオープニングくらい見れたりしたんですけど、バイきんぐ出てて。オープンカーに乗ってて、オリンピックのメダリストとともに登場、みたいのもあったりして。

平子祐希:はい、ありましたねぇ。

有吉弘行:やっぱり、アレだね。俺の経験上っていうのもあるけど、猿岩石で凱旋パレードみたいのあったりとか、帰ってきたりとか、そういうときってさ、謙虚にしなきゃいけないって自分がいるじゃん?

平子祐希:あぁ…

有吉弘行:まず一番怖いのが、天狗に思われることじゃん。

酒井健太:あぁ、そうですね。

有吉弘行:天狗に思われたくないから、謙虚な姿勢をとるじゃない?そうすると、自分の魅力が失われちゃうっていうね。

平子祐希:あぁ(笑)

有吉弘行:アレ難しいところだなって思って。バイきんぐとかでも、コントの感じだと、謙虚な感じも無いわけだから、結構男らしい感じだから。

平子祐希:はい。

有吉弘行:謙虚にしなくてもいいじゃん。普通は。だけど、さすがにあそこまで祭り上げられちゃうとさ、『いやいや、とんでもないですよ~』とか『すみません』とかなっちゃうじゃん。そうすると、大変だなって思っちゃうんだよな。

平子祐希:そうですね。

酒井健太:はい。

有吉弘行:あの感じな。でもさ、『どうだ、俺がチャンピオンだ』ってギャグで言っても、見てる人は『あれ?天狗か?』って思う人が出てくるからね。

平子祐希:いるんですよ。

有吉弘行:ホントにそういうバカがいるからね。

酒井健太:ホントにいる。

有吉弘行:いる(笑)

平子祐希:はっはっはっ(笑)いっぱい居る(笑)

有吉弘行:だからちょっと、大げさなくらい謙虚にして、『いやいやいや、すいません、すいません。僕らなんて…』ってやっちゃうじゃん、最初。そうするとスタートダッシュにつまづいちゃうよね。

平子祐希:あぁ、なるほど。

有吉弘行:これがやっぱり、チャンピオンとかになる難しさっていうのがあるなっていう。

平子祐希:世間的に、「天狗か?」か、「全然喋らねぇじゃん」のどっちかで言ってくるんですよね。

有吉弘行:そうそう。だから、チャンピオンになるのもなかなか難しい。

平子祐希:そうですね。バイきんぐの場合は、急に…展開がスゴかったですからね。環境の変化が。

有吉弘行:うん、うん。スギちゃんなんかもそうじゃん。

平子祐希:はい。

有吉弘行:「ワイルド」で出てきてるけど、やっぱり謙虚にしちゃうから、「スギちゃん、良い人」みたいな話がうわっと広がっちゃうっていうね。

平子祐希:はい。

有吉弘行:そうなると、そこでスタートダッシュつまづいちゃうじゃん。

平子祐希:はい。

有吉弘行:そうすると、そこからキャラを変えていくのもなかなか大変じゃん。「礼儀正しくちゃんとした人」ってなっちゃうと、難しいからねぇ。

平子祐希:難しいですね。有吉さんくらいのバランスが凄くいいですよね。

有吉弘行:そう。やっぱりバランスね。

酒井健太:すぐ同意したよ(笑)早かったなぁ。

平子祐希:ちょっと噛み気味に(笑)

有吉弘行:「さぁ、褒めろ」っていつも思ってるからね。ちょっとほめられると、『うん!」って(笑)

有吉弘行が語る「ブレイク後の芸人が気をつけるべきこと」



土田晃之 日曜のへそ

本日の人気記事

本日の人気記事