明石家さんま、ホリケンは『ひょうきん族』時代にさんまがスベったギャグを「大好き」と言ってくると明かす「ウケなかったやつが大好き」

2019年10月5日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、ネプチューン・堀内健は『ひょうきん族』時代にさんまがスベったギャグを「大好き」と言ってくると明かしていた。

明石家さんま:ホリケンはね、アイツね、人のスベったやつとか、ウケなかったやつが大好きなんです。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:で、アイツは小学校、中学校の時に、それを見て笑ってるんですね。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:だから、「さんまさんのブラックデビルが面白かった」とか、「パーデンネンが面白かった」とか、そんなんじゃないんですよ。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:「振袖狂女っていうのアレやられて。みんな笑ってませんでしたけど、僕は笑いまして」って。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:「あれはどういうつもりで?」って(笑)

飯窪春菜:どういうつもり?(笑)

明石家さんま:「どういうつもりもあるか、アホ。俺はただ、笑わせたかっただけや」って。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:「いやいや、それとカッパで出てこられて、『カッパやでぇ、怖ないか?』っていうの、全然ウケてませんでしたよね、アレ。アレはどういう計算で?」「計算ちゃうわ(笑)ウケる思ってやってんねん」って(笑)



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事