スピードワゴン小沢、おぎやはぎ矢作から若手時代に言われた印象的な一言を明かす「面白いネタって、書いてる時から笑うんだよ」

2019年9月28日放送のテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』(毎週土 25:45-26:10)の「お笑いを存分に語れるBAR2」企画にて、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が、おぎやはぎ・矢作兼から若手時代に言われた印象的な一言を明かしていた。

小沢一敬:昔、高円寺の稽古場で。

飯塚悟志:ああ、あった。

小沢一敬:俺らとバナナとかがいて。バナナとおぎやはぎが仲良いから、稽古場によく来てて。

矢作兼:うん。

小沢一敬:で、俺、ネタ書いてたんですよ。

矢作兼:うん。

小沢一敬:そしたら矢作さんが来て。「小沢君、何やってんの?」「ネタ書いてます」って。

矢作兼:うん。

小沢一敬:そしたら矢作さんが「そのネタ、面白くないでしょ」って言うの。

矢作兼:ふふ(笑)

小沢一敬:「なんでそんなこと言うんですか」って言ったら、「だって、真面目な顔して書いてんじゃん。面白いネタって、書いてる時から笑うんだよ」って。

劇団ひとり:はっはっはっ(笑)カッコイイ!

小沢一敬:俺、それに影響受けてるから。

矢作兼:恥ずかしいねぇ(笑)

劇団ひとり:漫画の主人公みたいな(笑)

小沢一敬:20代の小沢は、あれに影響を受けたね(笑)

飯塚悟志:カッコイイ(笑)



ゴッドタン

本日の人気記事