ドランク塚地、「芸人になるために別れた」元カノからの手紙に思わず泣いてしまったと告白「結婚しようと思ってた人で…」

2021年10月27日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雅が、「芸人になるために別れた」元カノからの手紙に思わず泣いてしまったと告白していた。

塚地武雅:東京出て来る時に、俺、脱サラしてこの世界入ってるから。

若林正恭:はい、はい。そうですね。

塚地武雅:その会社員時代に付き合ってた子とは、結婚しようと思ってた。

若林正恭:へぇ、そうなんですね。

塚地武雅:このまま就職して、やってくんやろうなぁって思ってたから。

若林正恭:はい、はい。

塚地武雅:そんな矢先に、お笑いやりたなったから。

若林正恭:はい。

塚地武雅:別れないと。「連れて行く」みたいなのは言えないっていうか。

若林正恭:ああ、そうですか。分かんないですもんね、どうなるか。

塚地武雅:で、別れて。それで7~8年ぐらい前に、事務所にファンレター届いてて。

若林正恭:はい。

塚地武雅:宛名なくて。

若林正恭:はい。

塚地武雅:開けたら、その子からやったの。

若林正恭:へぇ。

塚地武雅:で、開けて読んだら、俺がお笑いやってるっていうのを知って。

春日俊彰:はい。

塚地武雅:土日の休みつかって、こっちの東京でやるライブとか見に来ててんって。

春日俊彰:へぇ。

塚地武雅:で、「多分、夢破れて戻ってきて、私と結婚するだろうと思ってた」って書いてて。

若林正恭:はい。

塚地武雅:そしたら、『ダウンタウンDX』見てて、俺、当時もダウンタウンさんのこと好きやったから、ダウンタウンさんのことばっかりその子に話してて。

若林正恭:はい。

塚地武雅:で、ダウンタウンさんが「塚地はどうやねん」って、名前を呼んでるのを見て、「あ、この人は戻ってこないって思った」と。

若林正恭:へぇ、ダウンタウンさんが呼んでるのを見て。

春日俊彰:うわ、凄い話。

塚地武雅:で、「来月、結婚します」って。

若林正恭:うわぁ、せつねぇ…

春日俊彰:凄い話。

若林正恭:短編小説で読みたかったなぁ。

塚地武雅:ふふ(笑)それ、事務所で開きながら泣いてたら、鈴木が来て。「塚っちゃん泣いてる!」って。

ヒコロヒー:デリカシーないなぁ。

若林正恭:デリカシーねぇな、こいつ。

鈴木拓:なんだかしんねぇけど、泣いてるから(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事