ケンドーコバヤシ、怪談は「2回撮影して編集でつなぎ合わせる」という手法で収録される理由に「カットを結構割るからちゃう?」

2021年10月20日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!水曜日』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、怪談は「2回撮影して編集でつなぎ合わせる」という手法で収録されることに「カットを結構割るからちゃう?」と語っていた。

リスナーメール:島田秀平さんがこの秋から、『初耳怪談 FIRST TAKE』という番組に出演するそうですが、コメントで「これまでテレビで怪談を披露させていただく機会は多々ありましたが、だいたい2回収録しており、良いところを編集で合わせて1本にするということに慣れていたので、今回は今までで一番緊張したかもしれません」と言っていました。

山根さん、これが島田のやり方ですか?

山根良顕:これが島田のやり方だなぁ。

ケンドーコバヤシ:こんな撮り方すんねんね。

田中卓志:なんでそんな撮り方するんだろ?

ケンドーコバヤシ:カメラ、結構割るからちゃう?

田中卓志:ああ。

ケンドーコバヤシ:怪談ってなんか、見た感じカメラだいぶ割ってるもんね。

山根良顕:たしかに、ゆっくり顔に寄ってくるとか。いろんなカット入れますよね。

ケンドーコバヤシ:必要あっての、2回撮ってのガッチャンコやったのかもね。

田中卓志:ああ。

山根良顕:怪談もね、よくやりますよね。

ケンドーコバヤシ:え?

山根良顕:いや(笑)

ケンドーコバヤシ:怖い話とか、お二人は好き?

村山彩希:聞く分には好きですね。

沢口愛華:そうですね。ピエロがちょっとダメなだけで。

ケンドーコバヤシ:ああ、ピエロ恐怖症っているね。アメリカの子供はピエロ恐怖症やけど珍しいね。

村山彩希:怖いんです。でも、髪の長い貞子とかは大丈夫です。

ケンドーコバヤシ:たしかに、あんだけ低い体勢で近寄ってくるやつは、マジで膝を合わせたら一発やからな。

山根良顕:はっはっはっ(笑)貞子の倒し方(笑)



アッパレやってまーす

本日の人気記事