山里亮太、道徳の教科書を「転売ヤーから買ってしまった」と気づいて動揺した時に妻・蒼井優がかけてくれた優しい一言を明かす

2021年9月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、道徳の教科書を「転売ヤーから買ってしまった」と気づいて動揺した時に妻・蒼井優がかけてくれた優しい一言を明かしていた。

山里亮太:(道徳の教科書を)閉じた時に、奥さんが「あれ?」って言ったの。「どした?」って言ったら、「見てここ」って。

教科書の後ろの値段のところにね、「0円」って書いてあったの。これって、下の方を見たら、「道徳の授業は未来の子どもたちをつくる授業なので、この国のためのことなので、税金から教科書を作っております」って書いてあったの。

「はて…」と。私、Amazonで1700円払ってますけどって。で、サイト見たら転売ヤーだったの。こんな屈辱ある?俺、道徳の教科書を転売ヤーから買ったんだよ。

こんな情けないことなくない?ねぇ、もうそれが恥ずかしくて。で、何が恥ずかしいって、俺、その人からノートじゃない方の教科書もポチっちゃってんのよ。

で、それが明日来んのね。キャンセルもできず。ただ、しょうがないから。返品もできないし。せっかくの機会ですから。だから、来週めちゃくちゃ道徳心溢れてくるから。

ただ、恥ずかしかったよ。奥さんが凄い優しい目でたった一言、「大丈夫、大丈夫」って言ってた(笑)フルフル震えながら。一番道徳心ない奴から買ってんだよ、俺。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事