FUJIWARA原西、志村けんの「アイーン」がギャグとして完成した瞬間について語る「ナイナイ岡村と志村さんが飲んでいて…」

2021年9月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、お笑いコンビ・FUJIWARAの原西孝幸が、志村けんの「アイーン」がギャグとして完成した瞬間について語っていた。

塙宣之:「アイーン」ってさ、あれ志村さんが言ってたやつじゃないって知ってた?

土屋伸之:え?

原西孝幸:そう、そもそもね。

塙宣之:志村さんは、手をやってただけなんですよ。

土屋伸之:あ、ポーズだけってこと?

藤本敏史:いかりやさんに強く言われた時とか、怒られた時に。

土屋伸之:ああ、ツッコまれた時の受けなんだ。

原西孝幸:そう。天然素材で、CM撮影があって。本来、もうメインはナインティナインやから、他のメンバーはもうずーっと楽屋にいてんのよ。

塙宣之:はい、はい。

藤本敏史:で、やることないから、「なんかオモロイゲーム考えようか」って言って。

塙宣之:うん。

原西孝幸:で、「こういうのどう?」って、今で言う志村さんのアイーンに、言葉つけようっていう。

藤本敏史:擬音をつけようって、暇やから。

土屋伸之:うん、うん。

藤本敏史:で、俺とかバッファローの木村とかで、「何かない?」って言うたら、「バイーン」とか、「モイーン」とか。

土屋伸之:ふふ(笑)

原西孝幸:色々言い合ってて、最後結局、優勝したのが「アイーン」やったの。

土屋伸之:はっはっはっ(笑)それ、誰が言ったかは分からない?

原西孝幸:分からない。多分、木村ちゃうかな。俺、自分で言ってるってイメージないから。それを、そのノリを後日ナインティナインの岡村が聞いててん。

土屋伸之:ほう、ほう。

原西孝幸:「こんな遊びがあって、アイーンって決まったんや」ってなったのよ。で、天然素材解散して、ナインティナイン東京へ行くやん。

土屋伸之:うん、うん。

原西孝幸:ほんならしばらくして、岡村と志村さんが飲むことになって。その飲みの席で志村さんに「一回だけでいいんで、アイーンやってもらっていいですか?」って岡村言ったのよ。

土屋伸之:うん。

原西孝幸:ほんなら、「なに?アイーンって」って。「アイーンじゃないですか」「そんな言葉、つけてないよ、俺」って。

塙宣之:それ、凄いよね。

原西孝幸:だから、岡村分かってないねん、そういうもんやと思ってるから。

塙宣之:それがアイーンとセットだって思っちゃったわけですね。

原西孝幸:志村さんも「なにそれ?」ってなったけど、そこで「ピッタリ合うな」ってなりはったんやと思うのよ。そこから「アイーン」ってなって。



ナイツのちゃきちゃき大放送

本日の人気記事