山里亮太、ラランド・ニシダが生放送での打ち合わせで嘘をついていたことに激怒「CM入った瞬間に俺が大きい声で…」

2021年9月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ラランド・ニシダが生放送での打ち合わせで嘘をついていたことに激怒したと告白していた。

山里亮太:僕、『土曜はナニする!?』っていう土曜の朝やってる番組があって。で、それでね、ラランドがゲストで来たんです。

その時に、ラランド・ニシダ君が、吐くほどスベったんですよ。っていうのも、その日は収納特集みたいなのがあってえ。で、打ち合わせしたら、ラランドのニシダ君が「収納検定2級を持ってる」みたいなことを言うから、「今日、ピッタリだなぁ」と思って。

ニシダ君は、ありがたいことにウチのラジオのリスナーであったらしてるし、俺のことを好いてくれてるし。

それで、オープニングでニシダ君に「これは自信あるって情報とかある?」って言ったら、ニシダ君が「出会い系サイトですね」みたいなことを、朝の情報番組で言ってきて。「いや…そうだけど、あとは?」「あとは馬っすかね」みたいな。

「あれ?収納検定の話しないな」って思って。で、CMいって、「収納検定2級だよね?」「出すタイミング、任せてくださいよ」って言ってて。

「この後の収納のVの後、バシッと決めますから。自信あるんですよ」って言って。で、収納のコーナーね、CMあけて始まって。収納のプロの人が教えてくれてて。「どう?ニシダ君、見てて」って振ったら、「実は僕、収納検定2級持ってるんですよ」「あ、本当?で、どう?ニシダ君だったらどうする?」って。

「いや…いいと思います」って。「え?資格もってるっていうから、資格ならではの目線である?」って言ったら、「いやぁ…」ってなって。そしたら、サーヤちゃんが「コイツ、身分証明書がないからそのために取っただけで、何も覚えてませんよ」って。そしたらテヘペロみたいな顔をしやがって。

で、CM入った瞬間に俺が大きい声で「後でちょっと話しよう」って言ったっていう。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事