高田文夫、矢沢永吉のニューアルバムでなかにし礼が作詞を担当していることに「手口とか言わないように」「最後になると書きます…」

2019年8月19日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、矢沢永吉のニューアルバムでなかにし礼が作詞を担当していることに、「手口とか言わないように」「最後になると書きます…」などと発言していた。

高田文夫:矢沢永吉見てね。

松本明子:出た、先生(笑)

高田文夫:偉いなぁ、永ちゃんはって思ったよ。

松本明子:矢沢さん。

高田文夫:土曜日、一時間さ、ドキュメントやって。昨日は関ジャムも出て。俺、全部見てるよ。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:俺、終生のライバルだと思ってるからね。

松本明子:ふふ(笑)同世代(笑)

高田文夫:「よろしく」だからさ。一つ下だから。俺の方が先輩だからね。

松本明子:ああ。

高田文夫:アイツは24年に生まれてんだよ。で、広島から出てきて。夜行に乗って出てきて、お尻が痛くなって、横浜で降りちゃったんだよ。

松本明子:ああ。

高田文夫:これだよ。これが『成りあがり』だよ。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:これ、糸井重里がゴーストライターで書いたんだよ。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:色んなことあるんだよ。

松本明子:ふふ(笑)先生、フリークですね、永ちゃんまで。

高田文夫:永ちゃんは任せてくれよ。今度、新曲のアルバム出ますんで。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:よろしくお願いします、9月に出ますんで、よろしくお願いします。

松本明子:よろしくお願いします(笑)

高田文夫:メインの曲は、なかにし礼さんが書いてますんで。

松本明子:またなかにしさん?(笑)

高田文夫:手口とか言わないように。「最後になると書きますんで」みたいな、そんな言い方やめてくださいよ(笑)よしなさいよ(笑)



ビバリー昼ズ

本日の人気記事