麒麟・川島、伊集院光が自分のことを『人志松本の酒のツマミになる話』で褒めているのをたまたまオンエアで見て驚く「めっちゃベタ褒めしてくれた」

2021年5月2日放送のTBSラジオ系の番組『ブレインスリープpresents川島明のねごと』(毎週日 19:00-20:00)にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、伊集院光が自分のことを『人志松本の酒のツマミになる話』で褒めているのをたまたまオンエアで見て驚いたと語っていた。

川島明:知ってる?

向清太朗:何ですか。

川島明:伊集院光さんが、俺のことを褒めてたん。

向清太朗:はっはっはっ(笑)あっ、そうなんですか。

川島明:知らない?

向清太朗:ああ、いやいや、それは凄い良いことですけども。

川島明:ダウンタウンさんの番組で、『酒のツマミになる話』っていうの、あるんですよ。

向清太朗:はい、はい。

川島明:で、ちょっと前ですけど、なんかまぁ色々、酒の席で喋るようなこと、別に『すべらない話』じゃないからね。

向清太朗:うん。

川島明:ざっくばらんに、僕も出していただいたことあるんですけど。

向清太朗:はい。

川島明:「普段、こんなん思ってるけど、こんなんどう?」とか。誰に憧れて、とか。なんかそういう、ちょっとプライベートなトークをするところで。

向清太朗:はい。

川島明:伊集院さんが、僕もホンマにそんなこと喋られるって知らなかって、オンエアで見てたら、たまたま名前が出てきたんですけど。

向清太朗:はい、はい。

川島明:まず、入りが「ガヤ」とか。

向清太朗:はい。

川島明:「相手のトークのフォローをして、ドヤ顔をする中堅芸人、嫌いだ」と。

向清太朗:はい、はい、なるほど。

川島明:「ドヤ顔をする奴、ちょっと私の手柄ですよ感を出して、絶対そんな奴イヤなんですよ」と。

向清太朗:はい。

川島明:「補足になっていない。それは自分が目立ちたいだけじゃないか。そういう芸人、多いよ」みたいなことを言って。

向清太朗:うん、うん。

川島明:で、「誰のこと言ってんねん」みたいな、めっちゃ盛り上がってたんですよ。

向清太朗:はい、はい。

川島明:そこで「逆にそれがめちゃくちゃ上手いのが、麒麟の川島君」って言ってくれたんです。

向清太朗:ああ、凄い。

川島明:でね、伊集院さんが分析した僕の凄いところは、「川島君は、その言われてる人、フォローする人が映ってて、川島君が映ってないのに、ガヤだけで成立させる」と。

向清太朗:うん、うん。

川島明:「自分にカメラをグッと寄せないで、パンッと一言フォローしてあげて、補足して笑いに変えてあげる。それは、絶対その人のためだし、自分が目立とうと思ってやってない、本当、好きになっちゃうぐらい、惚れ惚れするよ」みたいなことを、めっちゃベタ褒めしてくれたんです。

向清太朗:うわ、素晴らしい。

川島明:で、「逆に、それができてないのがNON STYLEの井上君だ」と。

向清太朗:はっはっはっ(笑)

川島明:ドヤ顔しすぎや、と。「分かってるよ、みたいなフォローをして、さも俺が救いましたよ、みたいなドヤ顔をするのがNON STYLEの井上君です」みたいな。

向清太朗:はい、はい。

川島明:シソンヌの長谷川君も出ててんけど、長谷川くんも「それは若手の間でも議題に上がっていますよ」みたいな。

向清太朗:はっはっはっ(笑)なるほど。

川島明:「問題視されています」みたいなので、めっちゃ盛り上がって。

向清太朗:ああ、いいですね。

川島明:凄いですよね、だから。



TBSラジオ

本日の人気記事