伊集院光、『COUNT DOWN TV』を見て53歳にして「AdoとYOASOBI」「King GnuとOfficial髭男dism」が同じ記憶の引き出しに入っていることに気づいたと明かす

2021年5月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『COUNT DOWN TV』を見て53歳にして「AdoとYOASOBI」「King GnuとOfficial髭男dism」が同じ記憶の引き出しに入っていることに気づいたと明かしていた。

伊集院光:今週気づいたこと。番組前の楽屋で、珍しくテレビついてて、『COUNT DOWN TV』やってて、まぁ見るともなく見てたんだけどで、それで気づいたんだけど。

まぁ53歳にして、いいオッサンに仕上がったなっていう。まぁランキングに入ってる曲がほぼ分かんないわけ。でいて、しかもその「Ado?Abo?Ado?」…ってずっと言ってるし(笑)「あれだろ?」なんつって。「あの、うっせぇ、うっせぇだろ、これ」って。

「これ、YOASOBI?YOSHINOYA?オレンジじゃないからこれ、YOASOBIだよな。これはうっせぇ、うっせぇじゃないな」なんつってる(笑)

で、仕上がれば、仕上がるほどそういう雑な引き出しに入ってくわけ。Adoと…俺、本当に分かんなくなってきてるから。AdoとYOASOBIが同じ引き出しに入っちゃって。

で、King Gnuと汁男が同じところに入っちゃってるし…今のはわざとです。King GnuとOfficial髭男dismも分かりますけども、「汁男」とか言ってんじゃん。引き出しに入れなくていいのも入れちゃうから。次に髭男見た時に、天然で「汁男」って言ってる可能性あるから(笑)

King GnuもOfficial髭男dismも多分、同じ引き出しに。昔、俺10代で鞄持ちやってる時に、通りすがりの人がウチの師匠、当時の楽太郎と、夢之助を同じ引き出しに入れて、ウチの師匠を指差しながら「夢之助、夢之助」って言ってた、雑な入り方になってんなっていう。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事