山里亮太、田中みな実が山本舞香と『あざとくて何が悪いの?』で共演して険悪な状態になった時の「目の怖さ、尋常じゃなかったよね」と発言

2021年4月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、田中みな実が山本舞香と『あざとくて何が悪いの?』で共演して険悪な状態になった時の「目の怖さ、尋常じゃなかったよね」と発言していた。

リスナーメール:田中みな実のワイプの比率。50「わぁ~」49「可愛い~」1「変なカンペを出しているADへの冷たい顔」。

山里亮太:やめてよ、そんなことない。そんな顔されませんよ、本当に。

でも、この前の一番近々の放送の、山本舞香さんが出た時のひりついた感じ。やっぱりあの時のワイプの目の怖さ、尋常じゃなかったよね。

みんなも見て気づくと思う。なんか、お互い…なんて言うんだろう。印象だよ、事実は知らないよ。印象ね。二人とも、二人して嫌いなんだろうなって感じ。

それは、あの場にいた俺としては思ったね。でも、それをエンタメにするんだから凄いチームですよ。

ああいう時の吉村のきらめきね。「よ~っ」っていう(笑)やっぱいいよね、本当に。戦国時代だったら絶対いいところ行ってんだから、吉村は。草履を溶けるまで温めるタイプだからね。トロットロになるまで。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事