山里亮太、政治家転身するとガセネタを週刊誌に掲載されて「ここまで堕ちたか日本の政治」というタイトルで「予想得票数200票」と屈辱的なことを書かれたと明かす

2021年4月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、政治家転身するとガセネタを週刊誌に掲載されて、「ここまで堕ちたか日本の政治」というタイトルで「予想得票数200票」と屈辱的なことを書かれたと明かしていた。

山里亮太:今、仕事のバリエーションが増えたじゃないですか、ネットとかで。私、インスタライブのお仕事なんていうのもやりまして。

しかもそれが凄いんですよ。昨日ですよ、インスタライブ。タイトルが「インスタライブで政治家と話そう」ですよ。「政治家に根掘り葉掘り聞いてみる」って。私、行ってきたんですよ。

一時期はね、私みたいなもんは、政治家転身か、みたいな。昔、週刊誌に書かれたことあるんですよ。俺が政治家の人に打診されて、「出馬するかも」って。

その時の雑誌のタイトルが忘れられないね。「ここまで堕ちたか日本の政治」って。ガセよ。ガセ中のガセで、勝手にさ、俺が出馬することになってさ、「ここまで堕ちたか日本の政治」ってさ、言われて。

挙げ句よ、俺の予想得票数とか書いてあんのよ。200票だって。「生徒会じゃねぇんだからよ」って。あれは屈辱的だよ。そんな俺が議員さんとインスタライブで喋ったっていう。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事