東野幸治、吉本新喜劇の復活をかけたキャンペーンで若返りが図られて反発もあったと明かす「やなぎ浩二さんとか、俺らのこと嫌いやねんなとか(笑)」

2021年4月23日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、吉本新喜劇の復活をかけたキャンペーンで若返りが図られて反発もあったと明かしていた。

東野幸治:NGKに行って、新しい劇場で新喜劇やらせてもうて。そこに僕も2週間ぐらい出番があって。座長ですよ、だからもう言うたら、特待生みたいなもんですよ。

「吉本新喜劇やめよっかなキャンペーン」みたいなんがあって、吉本の社員が、当時木村さんとか。順番に面接していって、「吉本、これから思いっ切り若返りますけど、それでよろしいですか?いいんだったら残ってください。イヤだったら、地方の営業とかご自由にどうぞ」みたいな面接があったんですよ。

その後、我々来るんですよ。めちゃめちゃ嫌でしょ。で、それ聞いてたから、一緒にやる人らは「ああ、この人らはエエんや」と思って、それで稽古するじゃないですか。

別班の、田舎の営業に行く新喜劇グループみたいなのも稽古してるんですよ。やなぎ浩二さんとか、その人らは全然こっち来ないんですよ。「あ、この人は俺らのこと嫌いやねんな」とか(笑)なんか全部分かるんですよ(笑)

で、そこにロッキングチェアがあるんですよね。そのロッキングチェアは、いつもチャーリー浜が座って、揺れてるんですよ。で、チャーリー浜の化粧前で。で、俺は対面ぐらいいに座ってて。



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事