山里亮太、『スッキリ』卒業の水卜麻美アナと近藤春菜が加藤浩次としっとりと話をしている中に乱入する段取りだが雰囲気的に無理で「やめときましょう…」と思わずスタッフに言ってしまったと告白

2021年3月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『スッキリ』卒業の水卜麻美アナと近藤春菜が加藤浩次としっとりと話をしている中に乱入する段取りだが、雰囲気的に無理で「やめときましょう…」と思わずスタッフに言ってしまったと告白していた。

山里亮太:水卜ちゃんと春菜ちゃんと加藤さんでね、スキーをやろう、その後に語らおうみたいな感じで。そこにサプライズで俺の友人の天の声が行くっていうのがあったのよ。

で、天の声最近ね…地上に下りる時に顔がバレちゃいけないから、加藤さんが用意してくれた西洋甲冑を着るんだけど。だからスタッフさんは、「サプライズで最後ね、その3人が喋ってるところに来ることできませんか?」って。

スケジュールもなんとか行けるって。もちろんありがたい、と。で、行ったわけさ。武蔵村山かなんかのうなぎ料亭みたいなところでやっててさ。そこに入って、天の声が甲冑を着るわけよ。

で、最後にね、「みんな頑張ってね」みたいな感じで。「楽しかったよ」みたいな感じのところに「おい、待て、待て!」って行く台本なんだけど、思いの外みんな芯を食った話をしててさ。

凄い内情というか、自分の思いとか春菜ちゃんと水卜ちゃんへの感謝を加藤さんもしっかり言うし。本当に春菜ちゃんと水卜ちゃんも自分の不安とかも言うし。でも自分がどういうふうに成長できた、どういうふうに感謝してるとか、番組のおかげでとか凄い言っててさ。

なんか、自分でも気づいたの。「俺、要らなくない?」っていう。だって、水卜ちゃんあたり目が潤んでるわけ。それをさ、横でスタンバってんだよ、甲冑着て。で、みんなが温かい雰囲気になって。俺、思ったの。「絶対、ここで終わった方がいい」って。

で、スタッフさんに甲冑の前のところカシャって開けて、「俺、別にいいっすよ。このまま終わった方が多分いいと思うんで、やめときましょう」と。「無駄足とも思いませんし、全然いいですよ」って言ったら、スタッフさんが「ゴー!ゴー!ゴー!」って、俺の話してるスタッフさんのインカムから聞こえてんのよ(笑)

でも、俺は思ってるわけ。全然、「ゴー!ゴー!」じゃないのよ、空気が(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事