ニューヨーク屋敷、「YouTubeだけで好きなことをやる」のではなくテレビやラジオ番組でレギュラーを増やすことの意義について語る「椅子取りゲームやからこそ熱狂する」

2021年3月7日配信のYouTube動画『ニューヨークのニューラジオ』にて、お笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政が、「YouTubeだけで好きなことをやる」のではなく、テレビやラジオ番組でレギュラーを増やすことの意義について語っていた。

屋敷裕政:『勇者ああああ』が終わるしな。

嶋佐和也:そうだね。俺らよく呼んでもらってな。面白かったよね。

屋敷裕政:面白い番組やし、芸人もみんな好きな番組やのに。終わんねんなぁ。

嶋佐和也:厳しい。あれ、一回上がったもんね、時間帯。

屋敷裕政:テレ東もそんなことなったりすんねんな、上がって、アカンかったら終わる、みたいな。アカンかったかどうかは分からんけど。

嶋佐和也:うん。あれは出てる芸人も結構、アルピーさんMCで、若手だけでわちゃわちゃやらせてくれたりしたから、楽しかったんだけどね。

屋敷裕政:なんかさ…

嶋佐和也:ラブレターズさんとか、鬼越とかさ、近いところで出してもらったじゃん、毎回。

屋敷裕政:だからさ、もう自分らの番組が始まって、余計思ったけどさ。要はさ、「自分らでやりたいことなんて、テレビじゃなくてYouTubeでやればエエやん」って時代になってきた、みたいな話があるやんか。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:で、たとえばオールナイトニッポン、霜降りが上がる、で、三四郎さんが下がる、みたいな。

嶋佐和也:うん、うん。

屋敷裕政:で、何かが終わって、何かが始まるみたいな。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:でもさ、こうやって「YouTubeでやればエエやん」って考え方もあるけど。でも要はさ、決まった椅子取りゲーム、もう枠をみんなで争って、だから消えたり新しいものが生まれたりするやんか。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:だからこそ、みんな熱狂するんやろうな。俺らが冠始まったら、あんなみんな喜んでくれるやんか。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:その椅子取りゲームっていうルールやから、椅子おれた時みんな興奮するし、M-1と一緒やな。決勝10組っていう枠があるから、そこに入れた時にファンはめっちゃ喜ぶし。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:入られへんかった時、めっちゃ泣く、みたいな。

嶋佐和也:それはそうだね。

屋敷裕政:だから、難しいところやな。YouTubeでやればエエんやもん、だって番組もラジオも。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:好きなことやれるやんか、YouTubeやったら。

嶋佐和也:たしかにね。

屋敷裕政:でも、冠番組はさ、打ち合わせをちょっとして、まだ何も決まってないけどさ、多分、色んな人の考えとか、スポンサーとかもちろんあってね。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:で、たとえば俺ら100%やりたいことができひんかもしれへんやん。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:その冠番組では。でも、YouTubeは一応、5人で完結したものやからさ、何でもできるやんか。

嶋佐和也:それはそうだと思うな。

屋敷裕政:「じゃあ、一生YouTubeやっとけばエエやん」って話なんやけど。その椅子取りゲームを制する姿だったり、そこから時間が上がってくストーリーにやっぱ興奮するから。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:ラジオとかテレビとか、決められた枠があるっていうのは、応援する人からしたら、やっぱ面白い要素ではあるよな。



ニューヨークのニューラジオ

本日の人気記事