劇団ひとり、総合演出・片岡飛鳥との『めちゃイケ』での打ち合わせで思わず「照れてしまった」と告白「いきなり矢部さんや加藤さんのマネを始めて…」

2021年3月6日放送のテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』(毎週土 25:45-26:10)にて、お笑い芸人・劇団ひとりが、総合演出・片岡飛鳥との『めちゃイケ』での打ち合わせで思わず「照れてしまった」と告白していた。

劇団ひとり:片岡飛鳥さんいるじゃん。飛鳥さんと色々、『めちゃイケ』の打ち合わせした時に、「こうなったらどうする?」みたいな話をするじゃん。凄い打ち合わせするじゃん。

矢作兼:ああ。

劇団ひとり:そしたら、あの人急に矢部さん役とか、加藤浩次さん役とかやるじゃん。

矢作兼:ああ。

劇団ひとり:あれ、照れちゃうよね(笑)

矢作兼:はっはっはっ(笑)

板倉俊之:芝居に入られると(笑)

劇団ひとり:急に飛鳥さんが「おう、ひとりどうした?」って、加藤さんのマネとかするわけよ(笑)

松丸友紀:へぇ(笑)

劇団ひとり:「そしたらどうするんだ?」って。会議室の中で、どれぐらいスイッチ入れていいか分からないからさ(笑)

矢作兼:難しい(笑)

劇団ひとり:「俺、今泣いた方がいいのかな?」って(笑)

板倉俊之:「泣かないと失礼になるのかな?」みたいな。



ゴッドタン

本日の人気記事