山里亮太、オードリー若林に『たりないふたり2020 秋』でバッサリと斬られてしまいオチ部分の「ミニコント風のやりとり」ができなかったと告白

2021年3月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリー・若林正恭に『たりないふたり2020 秋』でバッサリと斬られてしまい、オチ部分の「ミニコント風のやりとり」ができなかったと告白していた。

若林正恭:秋は、なんか俺が思ってたのは…なんか俺も怖かったのよ。

山里亮太:うん。

若林正恭:「山ちゃんが言いたいこといっぱいあるらしいよ」までしか聞いてないから。

山里亮太:うん、うん。

若林正恭:「それは反撃してもいいですか?」みたいな。

山里亮太:うん。

若林正恭:「まぁ、でもできるかな?」みたいな。

山里亮太:うん。

若林正恭:でも、あの感じを「山ちゃん、そこは言わないでよ」で2時間はもたないよ。

山里亮太:そっか、そうだね。

若林正恭:はっはっはっ(笑)それで、なんか多分ケツに何か漫才やると思ってた?

山里亮太:そう。だから、『たりないふたり春・夏・秋』って、そこでの何かを冬の漫才につなげるために。

若林正恭:はい、はい。

山里亮太:俺なりにブロック。漫才に、ほら俺の『たりないふたり』でも俺のコンプレックスでもあるさ、「俺の案があんま残らない」ってあるじゃない。

若林正恭:いや、それ…うん、まぁいいや。まぁね(笑)

山里亮太:それで一個、ブロックを俺の中で作ってたのよ。

若林正恭:そうでしょ?

山里亮太:そう。

若林正恭:いや、何かフリップ終わりであるんだろうなって思ってたのよ。

山里亮太:フリップ、最後までめくりきってなかったでしょ?

若林正恭:なんかあったでしょ?

山里亮太:あったのよ。

若林正恭:俺もフリップの数的に、何か最後まくりがあるんだろうなって思ってたのよ。

山里亮太:そうなのよ。で、まくるために、ミニコントに…だから、言ったら多分、冬の漫才のどっかのブロックに差し込めるんじゃないかなっていう設定をね。

若林正恭:あ、設定を思ってたの?

山里亮太:そう、そう。設定でやりとりしようと思ったんだけど、その前に斬られて動けなくなっちゃったから。

若林正恭:はっはっはっ(笑)そうなのよ(笑)フリップが、俺が見た感じ…俺の返しが多すぎてもって思って、フリップを見たら、7枚ぐらいあるなって思って。

山里亮太:そうなのよ。

若林正恭:最後、ワーッて言われるんだったらその前に…って、こんな裏全部喋って(笑)

山里亮太:はっはっはっ(笑)

若林正恭:お前が15分もなんか…「俺は秋はね…」って言うから(笑)

山里亮太:そうなの。俺もたしかに、『情熱大陸』のテンションで喋ってたもんね(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事