爆笑問題・田中、前大脳動脈解離で病院へ救急搬送された直後は「ろれつが回らない」「医師の受け答えに反応できない」状態だったと告白

2021年2月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00-17:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、前大脳動脈解離で病院へ救急搬送された直後は、「ろれつが回らない」「医師の受け答えに反応できない」状態だったと告白していた。

田中裕二:色々質問されたりするわけじゃないですか。

太田光:うん。

田中裕二:「頭痛いですか?」「まだちょっと痛いです」とか。

太田光:うん。

田中裕二:で、「田中さん、大丈夫ですか?」みたいなの言われた時に、「大丈夫です」って言うんだけど、寒いし、脳梗塞が始まってるのもあるのか分からないけど、「だいじょぶれす」みたいになっちゃうのよ。

太田光:それはビビるね。それでもえがビビったんだ。

田中裕二:「大丈夫です」って言いたいんだけど。ちょっとやっぱり…

太田光:やっぱり出るんだね、そういう症状がね。

田中裕二:そういう感じ、後で思うんだよね。

太田光:うん。

田中裕二:その時は、自分が脳梗塞だって何も分かってもないんで。

太田光:でも、そうやって医者がその口調で判断したりるんだ?

田中裕二:すると思うのよ。で、病院着いて、検査とかしたりするじゃないですか。で、そんな時にお医者さんは話しかけてくれるわけ、色々と。「田中さん、分かります?分かります?」って言ってるんだけど、普通に見て聞こえてるし、分かるんだけど、普通だったら「分かりますよ、大丈夫です全然」って言うと思うのね。

良原安美:はい。

田中裕二:でも、何も言わないで見てるだけなんだよ。

太田光:ええ?!

田中裕二:その時に、「いや、分かるよ。分かってますよ、先生」って。でも、そのことを言う感じにならない、言う気にならないわけ。

太田光:へぇ、それが症状なんだな。

田中裕二:それはね、そうなんだと思う。怖いと思うよね。もえちゃんもそれを見てて、怖かったと思うわぁ、そんな状況。



爆笑問題の日曜サンデー

本日の人気記事