オードリー若林、『漫才JAPAN』で与えられたネタ作り期間「2週間」が実際には「14日間はなかった」とクレーム「細かいこと言うけどさ」

2021年2月13日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、『漫才JAPAN』で与えられたネタ作り期間「2週間」が実際には「14日間はなかった」とクレームを言っていた。

若林正恭:明日が日テレでね、『漫才JAPAN』っていう番組があって、2月14日の日曜日、1時15分からなんですね。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:全国ネットではないんだね。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:霜降りとね、共演させてもらって。

春日俊彰:そうね。

若林正恭:そう、そう。

春日俊彰:うん、結構初めてぐらいで。

若林正恭:メンバー、凄かったね。霜降りいて、おいでやすこがさんいて、ホテイソンいて。

春日俊彰:錦鯉さんいて。で、我々で「漫才JAPAN」って。

若林正恭:凄いよなぁ。

春日俊彰:漫才日本代表だなんつって。

若林正恭:テーマ決まって、ネタ2週間で作らなきゃいけないって。で、細かいこと言うけどさ、今、気づいたけど2週間あったか?

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

若林正恭:なくなかったか?2週間。

春日俊彰:厳密には14日はなかったかな。

若林正恭:14日なかったぞ、あれ。

春日俊彰:うん、たしかに。

若林正恭:いいけどさ。

春日俊彰:ふふ(笑)まぁそうね。やりましたよ、漫才の番組だよね。

若林正恭:だって、企画書に書いてあったよ、「漫才のMステを目指す」って。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:うん(笑)

春日俊彰:なるへそ。

若林正恭:そう、そう。

春日俊彰:オンエアはどうなってんのか。



オードリーのANN

本日の人気記事