ケンドーコバヤシ、「帰れ!」コールの鳴り響く中で半年間も漫才をやり続けていたと告白「アイドル的な先輩芸人の熱狂的ファンの怒りを買って…」

2021年2月8日放送のTBS系の番組『霜降りミキXIT』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、「帰れ!」コールの鳴り響く中で半年間も漫才をやり続けていたと告白していた。

ケンドーコバヤシ:デビューして間もなくやから、25年ぐらい前やって。

せいや:わぁ、大分前やん。

ケンドーコバヤシ:最初は、たった一人が「帰れ!」って言うただけやったのよ。っていうのも、俺はデビューして、めちゃめちゃゴツかったの、ラグビーやってた体が残ってて。

粗品:はい。

ケンドーコバヤシ:強面みたいな。だから、よく先輩芸人の罰ゲームを執行する役で。

せいや:ああ。

ケンドーコバヤシ:若手がNSCから使われてたのよ。

粗品:ああ。

ケンドーコバヤシ:当時さ、アイドル的人気の人も多かったから。その人に思いっきしビンタしてたから、まぁそれは思いっきしビンタした方がいいし。

粗品:オモロイです。

ケンドーコバヤシ:その先輩も「思いっきりこいよ」「あ、分かりました」ってやってたら、その熱狂的なファンの一人が「帰れ!」って言うたのよ。

せいや:へぇ(笑)

ケンドーコバヤシ:で、俺もプロレス好きやったからさ、「なんやコラァ!」とか言うたら、「帰れ!帰れ!」って凄い帰れコールが起こって。

粗品:へぇ。

ケンドーコバヤシ:そこで済んだらよかったんやけど、そっから顔を覚えられてさ。

粗品:ああ。

ケンドーコバヤシ:ネタやりに出てったら、いきなり「帰れ!帰れ!」みたいな。それが半年以上続いたからね。

せいや:長っ。マジっすか。

ケンドーコバヤシ:俺はなんか楽しかったし、ずっと帰れコールが鳴り止まぬ中、ネタ始めんのよ。

せいや:ええ?!

ケンドーコバヤシ:まだ全然20代の若手やから、「いやぁ彼女欲しいですねぇ」「帰れ!帰れ!」って(笑)

粗品:めちゃくちゃじゃないですか(笑)



霜降りミキXIT

本日の人気記事