千原ジュニア、ボクシング井岡一翔選手はタトゥーをJBCが問題視した場合「これでダメならアメリカへ行く」という覚悟なのではと指摘

2021年1月26日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、ボクシング井岡一翔選手はタトゥーを日本ボクシングコミッション(JBC)が問題視した場合「これでダメならアメリカへ行く」という覚悟なのではと語っていた。

ケンドーコバヤシ:ジュニアさんに見解聞いときましょうか、昨今、世間を騒がしているタトゥー問題。

千原ジュニア:タトゥーは、これはもうね…

ケンドーコバヤシ:あちこちで議論されてますよ。

千原ジュニア:そうですね。

ケンドーコバヤシ:ボクシングという競技の。

千原ジュニア:ねぇ。でも、大筋そのルールがあって。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:ということは、もうもちろんやん。

ケンドーコバヤシ:そらそうですよね。そのスポーツの…日本でのスポーツのルールですもんね。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:キックだめ、頭突きだめって書いてるのと一緒ですもんね。

千原ジュニア:そう、そう。ほんで、入ってない時の井岡さんも知ってるし。

ケンドーコバヤシ:そうですよね。

千原ジュニア:で、そっから入っていきはって、そこには色んな覚悟があって、世間的な流れ、社会的な流れもあるし、JBCもどうするんだ、と。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:まぁ、入れ墨とタトゥーって…和彫とタトゥーって違う部分もあるやん。

ケンドーコバヤシ:やり方から違いますからね。

千原ジュニア:大嶋さんとか消されたのは、もうゴリゴリの和彫やから(笑)暴力団からやから。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:だから、それとタトゥーは違うなぁっていうのは思いますけど。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:まぁ、でもその井岡選手の覚悟もあるんじゃない?「もうこれでダメなら、俺はアメリカ行ってやるよ」っていうのもあるし。

ケンドーコバヤシ:まぁ、大分、認識も変わってるから、入れられるようにしたらいいのにね。

千原ジュニア:海外はもう、それこそ金メダル2つとって鳴り物入りで入った奴なんか、五輪のマーク入ってたりとか。

ケンドーコバヤシ:ああ、そうですね。俺らから見たら、ちょっと面白いって思うぐらいの人もいますもんね。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:自分と奥さんがキスしてるタトゥーとか。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:考え方も可愛いじゃないですか。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:まぁ、他人事ながら心配ですけどね、パートナーの名前入れるのって。何が起こるか分からないじゃないですか、人生。

千原ジュニア:分からへんよ。

ケンドーコバヤシ:パートナーとキスしてる写真なんて、その後、イジりようないですからね。

千原ジュニア:なんとかイジるとして、似た人ともう一回再婚するっていう(笑)

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)



にけつッ!!

本日の人気記事