東京ホテイソン・ショーゴ、マヂカルラブリー・野田クリスタルはM-1決勝で「東京ホテイソンのネタが低得点だったのを見て、ネタを変えた」と明かす「勝負勘が凄い」

2020年12月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(毎週月-木 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・東京ホテイソンのショーゴが、マヂカルラブリー・野田クリスタルはM-1決勝で「東京ホテイソンのネタが低得点だったのを見て、ネタを変えた」と明かしていた。

ショーゴ:俺らも、どこ行ってもウケるネタがあって。

塙宣之:うん。

ショーゴ:営業とかでも、お笑いのお客さんの前でも。

土屋伸之:うん。

ショーゴ:それと、昨日の1本目のネタ、どっちか最後まで迷って。

塙宣之:迷ったんだ。そうなんだよね。

ショーゴ:で、野田さん俺らの1本目で、まぁ現場のウケってそんな悪くなくて、むしろウケてたなぁと思ったんですよ。

土屋伸之:うん、うん。

ショーゴ:その1本目を見て、点数が低かったのを見て、もう一回考え直して。

たける:ああ、そうなんだ。

土屋伸之:ホテイソンのネタも、参考にしたんだ?

ショーゴ:参考にして、「あ、これはこうか」って。

塙宣之:要するに、まずは自分たちの自己紹介的なネタにした方がいいってことだよね?

ショーゴ:とか、色々考えたらしいです。

土屋伸之:直前まで迷ったって言ってたし。

ショーゴ:勝負勘がイカついなって。

土屋伸之:じゃあ、ホテイソンのもう一本目のネタは、わりと名刺代わりな感じの。

たける:回文っていうネタなんですけど。本当にショーゴが「回文できる」って言って、回文ができてない、テキトーな文章を言って、それを僕が逆から言うってだけネタなんで。

塙宣之:(オール巨人のモノマネで)ちょっと分かりづらいな、それ。

たける:ちょっともう、トラウマです。

土屋伸之:はっはっはっ(笑)

ショーゴ:「分かりにくい」がトラウマです。

塙宣之:はっはっはっ(笑)



ナイツ ザ・ラジオショー

本日の人気記事