高田文夫、立川志らくのM-1グランプリでの審査について「言ってること、インチキだからね」「分かるわけがない」と批評

2020年12月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、立川志らくのM-1グランプリでの審査について、「言ってること、インチキだからね」「分かるわけがない」と批評していた。

高田文夫:マヂカルラブリー。R-1とった人だよな?

乾貴美子:はい、そうです。

高田文夫:じゃあ、V2ってこと?

乾貴美子:はい。

高田文夫:凄いね。

松本明子:転げ回ってましたね(笑)

乾貴美子:中央線揺れまくっちゃって。

高田文夫:あれ、漫才じゃないだろ、だって(笑)片方がマイクの前でダーッて喋って、一人はぐるぐる、ぐるぐる回って(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:面白いなぁ、なんだか分かんないなぁ。

乾貴美子:でも、「ツッコミが漫才だった」って、志らく師匠がコメントされてましたけども。

高田文夫:志らくの言ってること、インチキだからね。

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:俺がハッキリ言うよ。全部ウソだからね(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)

乾貴美子:そんなぁ(笑)

高田文夫:分かるわけがないんだから。志らくの審査員だから、俺(笑)

乾貴美子:はっはっはっ(笑)

松本明子:大元締めだ(笑)

高田文夫:大元締めだからさ(笑)塙もニヤニヤしてるだけなんだから。

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:ちょっと腹黒いところ見せながらさ。どいつもコイツもだよなぁ(笑)



ビバリー昼ズ

本日の人気記事