麒麟・川島、オードリー若林とM-1グランプリ2008敗者復活戦の場ですれ違って「M-1に出場するのはやめた」理由を語る

2020年12月15日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(毎週月-木 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、オードリー・若林正恭とM-1グランプリ2008敗者復活戦の場ですれ違って「M-1に出場するのはやめた」理由を語っていた。

リスナーメール:オードリーさんの番組で、M-1グランプリ2008の敗者復活の時に、「自分たちを見る若林の顔が真剣すぎて、その気持ちに圧倒されて辞退した」と言っていましたね。

私は、今までのM-1の中でも、2008年ほど熱い年はなかったと思っていますが、1位NON STYLE、2位オードリー、3位ナイツだったM-1グランプリ2008は、川島さんにとってどんな大会でしたか?

川島明:それはね、結構漫才が辛かった時代なんですよね。

土屋伸之:へぇ。

川島明:っていうのも、相方の本が2007年に発売されて。

山崎ケイ:『ホームレス中学生』。

川島明:2008年に225万部行って。人生で一番、漫才がウケない1年やったんで。

塙宣之:へぇ。

川島明:「でも、M-1は出ないとなぁ」っていうので出たんですけど、正直、相方ともめっちゃ仲悪かったし、ネタも上手くいってない。

塙宣之:うん。

川島明:昔のネタを、ちょっとこう今風にグーッと変えたんですけど、ホンマにその場でやっちゃったので。それで落ちちゃって。

塙宣之:うん。

川島明:で、敗者復活でもまだ調整できないまま行ったんだけど。一応、頑張ってやったんだけど、その時にギラギラの若林と、大井競馬場ですれ違って。

塙宣之:うん。

川島明:「あ、こういう奴らが出る大会なんやから、出なアカンなとか、義務で出たらアカンかったな」っていう。

土屋伸之:ああ。

川島明:凄いショックやったんです。

塙宣之:本当なんですね。

川島明:これマジです。



ナイツ ザ・ラジオショー

本日の人気記事