千原ジュニア、ビートたけしとの対談で7年前に話したエピソードトークを覚えていて「あの話、面白ぇな」と言ってもらえたことに感動

2020年12月8日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、ビートたけしとの対談で7年前に話したエピソードトークを覚えていて「あの話、面白ぇな」と言ってもらえたことに感動したと語っていた。

千原ジュニア:たけしさんは、トーク番組でエピソードを喋る、みたいなんで喋ったんよ。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:それが最初やねん。ほんで、そこからあれね、7~8年経って、『アウトレイジ』の時の宣伝で、2人で対談させてもらって。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:で、「映画なんてお前、3枚撮りたい絵があったら…写真3枚あるだろ。たとえば浜辺で裸で立ってる女が海見てるっていうのが1枚あるとするだろ。で、もう1枚なんかあるだろ。これをもう1枚つなげるんだよ。海入っていって失敗して戻ってきたのか、今から自殺しようとしてんのか、みたいなことでつなげていったら、映画撮れるよお前」って。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、「アウトレイジ、今回のはこうこう、こうなんだよ」「そうですか」とか言って。でも、それはインタビュアーの人もいるから喋りはるけど。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:めちゃめちゃシャイやん。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、今度2人で撮影ってなって、2人だけで立つねん。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:これ、何も会話ないねん。ほんなら、「ずっと飼ってた犬が死んでさ、家帰ったらいなくて、夕食の時に『あの犬、最期どうだった?』って聞いたら、『食事中にそんな話するな』って言って、親父が耳元で『カッチカチ』って言った、あんちゃんのあの話、面白ぇな」って。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:俺が7年前、初めて会った時に喋ったエピソード、全部覚えてはんねん。

ケンドーコバヤシ:ああ。凄いなぁ。

千原ジュニア:「あの話、面白ぇな。アウトレイジ、宣伝してくれよな」って言われて、俺もうめちゃめちゃしたもん。

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)そらするわ(笑)

千原ジュニア:うん。



にけつッ!!

本日の人気記事