山里亮太、『たりないふたり2020 秋』でオードリー若林との歴然とした差を見せつけられてしまったと語る「人間的に成長し、視野が広くなってる若林と…」

2020年12月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『たりないふたり2020 秋』で、オードリー・若林正恭との歴然とした差を見せつけられてしまったと語っていた。

山里亮太:みんながさ、「やっぱすげぇな、若ちゃんは」みたいになってるわけ。「これだよ、これ」みたいな。ちゃんとその視野が広くなってるじゃん。「その点、山里は…」みたいな感じになったわけさ。なってんのよ。

で、そうするとさ、「でも、みんな打ち合わせしてた時に、すげぇ楽しそうにしてたのになぁ」とかって思っちゃうのよ(笑)「あれ?」って。

急にみんなが居なくなった感じ。…これも、被害者ぶってるって嫌われるんじゃねぇかな、みたいな負のスパイラルよ、だから。

でも、冬には漫才をしなきゃいけないわけ。だから、「できるのかな…」っていうのが、今なのよ。

だけど、冬を迎えるに当たって多分、見とかないといけないから見なきゃいけないんだけど、いつ見れんのかなぁと思って。今、見ると年末こっから色々、やんなきゃいけないことが多い中で、心、ちょっとブレーキかかるかもなぁと思うぐらい気にしてんのよ、今。

やっぱり南海キャンディーズでの漫才とかもあるし。だからそれで、漫才やってなんとか気持ちいい状態に持っててから見ようかなって感じ。本当、ありがたいのは、その漫才ができるのが、友達ばっかの22ライブっていうのがいいよね。言い方難しい、なんて言ったらいいんだろう…クソみたいなメンツだから(笑)

落ち着いてできる。でも、ちょっとそこ若干ナーバス。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事