山里亮太、なにわ男子の西畑大吾・大西流星が『あざとくて何が悪いの?』で見せたバラエティ対応能力の高さを賞賛「すげぇな、ジャニーズは」

2020年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、なにわ男子の西畑大吾・大西流星が『あざとくて何が悪いの?』で見せたバラエティ対応能力の高さを賞賛していた。

山里亮太:今、もう話題になっているのがケンティよ。Sexy Zoneの。中島健人さんよ。

いや、あれもう凄いわ。本当に、よくよく考えたらさ、「あざとい」っていうものは、ちょっとネガティブなイメージじゃない、元々はね。でも、この番組って「あざといってのは、人を幸せにする技だ」っていうのがコンセプトなんだけど。

その意味での「あざとい」で言うと、ケンティとか、ジャニーズの方々っていうのは、女性ファンの方々に対して、あざといの最高峰をやり続ける方々なんだなって、再確認したのよ。

それがもう、ケンティが凄いんだけど。でも、これがちょっと一個前に出てる、なにわ男子っていうね、関西のジャニーズWESTのJr.からグループなってるのかな。なにわ男子の西畑大吾君と大西流星君、これも凄くて。

まだ新人だっていうのに、とてつもないわけ。「あざといの出してください」って、露骨な感じ、「こういうのあざといのどういうのできる?」ってパス出すと、普通は「分かんないです」ってなるけど、「分かりました」って感じで、ジャニーズの最高峰のあざといを作るところにいるから、引き出しの数が尋常じゃないの。

それをポンポン、ポンポン出して。しかもそれぞれキャラクターに合ったあざといを瞬時に出せる、頭の回転の早さとかも見せて、「すげぇな、ジャニーズは」って。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事