ずん飯尾和樹、関根勤が明石家さんまの番組収録を見学させてくれたためMCとして生きる道は考えなかったと告白「もうメジャー見ちゃったら…」

2020年10月27日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹が、関根勤が明石家さんまの番組収録を見学させてくれたためMCとして生きる道は考えなかったと告白していた。

若林正恭:若い頃、作戦練って「こういうキャラでいこう」って別に考えなかったんですか?

飯尾和樹:いや、若林君。みんなあるかもしれないけど、俺もやっぱね、一応やっぱビッグ3。

若林正恭:はい。

飯尾和樹:鶴瓶師匠入れて四天王。

若林正恭:はい。

飯尾和樹:とんねるずさん、ダウンタウンさん。ああなれるんじゃないか、と。ウンナンさんに。

若林正恭:はい。

飯尾和樹:入ってきてすぐ、(同期の)キャイ~ンと出会って、すぐ「ぺっこり45度」って言ってましたよ。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:早いなぁ(笑)

若林正恭:真横にいると、そう思うんですね。

飯尾和樹:天野とか一緒にいると、「ああ、こういう奴がなってくんだ」って思って。

若林正恭:あ、MC?

飯尾和樹:MC。

高橋茂雄:普通はプライドみたいなんがあって、そこは折れれないというか。若い時って絶対そんなのあるじゃないですか。

若林正恭:うん。

高橋茂雄:そこは最初からなかったんですか?

飯尾和樹:だって、すぐ気づいたし。関根さんがスタジオ見学させてくれて。

若林正恭:ああ、はい。

飯尾和樹:さんまさんとか見れたんですよ。

若林正恭:ああ、貴重。

飯尾和樹:そしたら、あのスピードね。

若林正恭:ああ。

飯尾和樹:いや、もうメジャー見ちゃったら、なおさら。

若林正恭:ああ。

飯尾和樹:次の日からまたすぐ「ぺっこり45度」って(笑)

若林正恭:早いんですよね(笑)

飯尾和樹:俺はこっちで生きなくちゃって。

若林正恭:へぇ。



未分類

本日の人気記事