爆笑問題・太田、「裏口裁判」で法廷に入るなり「プシュー」とやったところ傍聴席の光代社長が「鬼の形相」だったと明かす「それ以来、一切傍聴席を見なかった」

2020年10月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、日本大学芸術学部への裏口入学疑惑記事を巡る裁判で、法廷に入るなり「プシュー」とやったところ傍聴席の光代社長が「鬼の形相」だったと明かしていた。

太田光:証言の席に入ったらさ、とりあえずさ、まず裁判官の方に向かって、プシューって、例のをやって。

田中裕二:はい、はい。

太田光:で、後ろの傍聴席に向かってプシューってやったわけ。

田中裕二:うん。

太田光:そのまま証言の席に座って。で、パッて傍聴席見たら、社長が鬼の形相で。

田中裕二:それは分かるだろ。お前さ、分かるだろ、それは。そうなるに決まってる。

太田光:「これはヤバイ」と。

田中裕二:笑ってるわけねぇじゃん。

太田光:これはヤバイなって思ったね。それ以来、一切傍聴席を見なかった。

田中裕二:見なかったじゃない(笑)見なくてもいいけど(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:そこで、「これじゃねぇな」って思って。でも、やめなかったわけでしょ?

太田光:やめなかったっていうか、宣誓みたいなのをやるんだよ。「宣誓!我々は…」みたいな。

田中裕二:「我々は」じゃないでしょ(笑)

太田光:「我々(がが)は」って言っちゃおうかなって思ったけど。

田中裕二:ガッツ石松コーナー、懐かしいね。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事