明石家さんま、宮迫博之と田村亮は「子供にだけは信用してもらいたい」がために会見を開いたと指摘「岡本社長は子供がいないから、それが分からない」

2019年7月27日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、宮迫博之と田村亮は「子供にだけは信用してもらいたい」がために会見を開いたと指摘していた。

明石家さんま:宮迫はどうして記者会見をしたかって言うと…俺の勘やで。俺の考えやけども。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:アイツは世間とか、どうでもいいんですよ。自分の子供たちに、このままではダメだっていうので、ちゃんとしたことを言いたかった。たった一人の子供に。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:あれは物凄い分かるね。俺も、世界の人が全部的に回っても、いまると二千翔にだけは分かっておいて欲しいっていう。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:っていうことやと思うねん。で、岡本は子供がいないから。あの辺のことが分からへんのやと思うけど。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:単なる、我が子に信用してもらいたいがために、あの涙の記者会見になったと思います。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:恐らく、亮もそうやし。もう、叩かれようが、吉本からキツイことを言われようが、多分、我が子だけに伝えたかった。

村上ショージ:そうでしょうね。



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事