バナナマン設楽、ブレイク前に日村がスタジオで後輩が見るVTR出演であっても「エキストラの革靴を舐める」ほどプライドをかなぐり捨てて売れようとしていたと明かす

2020年8月12日放送のTBS系の番組『バナナサンド』(毎週水 23:56-24:55)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、ブレイク前に相方・日村勇紀がスタジオで後輩が見るVTR出演であっても、「エキストラの革靴を舐める」ほどプライドをかなぐり捨てて売れようとしていたと明かしていた。

設楽統:俺らも、芸歴とか年齢が若い人のところに出てくっていうのは…

日村勇紀:そうだね。

設楽統:最初の内はそうだったから。

日村勇紀:そういう時期あったね。

設楽統:そこは二人で話したことあったね。

日村勇紀:もうここは関係ないって。俺たちが後輩に見えてる方が絶対いいし。

藤本敏史:そう、そう。

設楽統:だから、「ここは敬語でいこう」とか。

日村勇紀:そう。

設楽統:最初の頃は、それこそテレビ出る機会も少ないし、そういうところで、俺らも媚びへつらっていこうっていう話し合いをして。

日村勇紀:うん。

設楽統:そしたら、日村さんなんかやっぱり凄いから。

藤本敏史:うん。

設楽統:普通の媚びへつらいじゃなくて、エキストラの人の革靴舐めたりしてたから。

日村勇紀:はっはっはっ(笑)

設楽統:もう、訳分かんない。

伊達みきお:へつらい方ヤバイじゃないですか。

藤本敏史:プロのへつらい師。

日村勇紀:モニタリングしてるのは後輩の芸人だったりするから。

原西孝幸:ああ、そういうことね。

日村勇紀:笑って欲しいっていうのもあるし。仲良くもないから、知ってもらわなきゃいけないし。だったら、なんでもいいやって。



バナナサンド

本日の人気記事