伊集院光、『セブンルール』映画監督・山戸結希の出演回が「ツッコミどころ満載」だったと語る「もう最後の方、爆笑」

2019年7月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、フジテレビ系の番組『セブンルール』映画監督・山戸結希の出演回が「ツッコミどころ満載」だったと語っていた。

伊集院光:それのせい(伊集院光、『情熱大陸』や『セブンルール』などではツッコミやそれに対する言い訳がないため「滑稽に見える」と指摘)で、どうやっても滑稽になっちゃうのは、その映画監督が「『用意、スタート』って声は、極めて小声で言うんですよ」って話をしてて。それは、その世界を壊したくないみたいなことだと思うんだけど。

それをナレーションでなぞったりするの。「○○監督は、スタートの声を大きい声で言ってしまうことで、その空間を壊すことをしない」みたいなテロップで際立たせちゃうの。で、その後に言ってることが、「カメラマンさんにも聞こえない時もあるんですけど」って言い出すのね。

もう、これが会話なら「それはダメじゃん」っていう(笑)それはダメだよねって言うんだけど、それはないじゃん。絶対、そのままで。その後に、「それはダメだと思うんですけど」って言ったかどうかは、もう分からないじゃん。

で、もうすぐテロップで「用意、スタートは小声で」って書いてるんだよ。もう、俺のツッコミどころ満載なんだ。で、今度はルール2の話に行くと、女性のAKBとかそういうグループの可愛い子ちゃんのプロモーションビデオを撮るのに、前髪を凄いこだわってイジってるのね。「ちょっとここ、前髪違う」ってやってるの。

「私は、髪型には人の人生が出ると思ってるんで。前髪、凄いこだわるんです。芝居が完璧でも、『前髪違うんで撮り直します』みたいな」って。で、また俺のエンジンから「それは違くない?」と思うのね(笑)「だって、芝居いいんでしょ?」って思うから(笑)

そしたら、その監督に撮ってもらったことのある俳優さんが出てきて、「監督は僕の時
も凄い前髪こだわってて、何度も何度もその前髪、1本だけと固まりに分けてきて、凄い一生懸命やって、おかげスケジュールが押しちゃって、その日予定してたスケジュールの撮影ができなかったんですけど、いや、それもいいところなんです」って言うのね。「違くね?」って思いながら、すげぇ進んでくの(笑)

どんどんそれが、言い訳させない形で行っちゃうから。もう最後の方、爆笑だったのは、本屋さんに行って、本のタイトルを見ることにしてるんだって。で、言ってることは凄い「ああ、なるほど」と思うのは、今、世の中に出てる本のタイトルを見ると、世の中の人が何を求めているのかがそこに出る、と。

要するに、こういう本が出るってことは、世の中の人がこういうものを望んでいるからだってことがわかるから、本屋さんにいると、その本の表紙、タイトルだけを見てても何か色々分かるんだっていうね。

でいて、本を買わないけど3時間ぐらいいる時もあるんだって。それはちょっと違うと思うんだけど(笑)「それはちょっと長ぇな」って思うんだけど。そこで、映像で撮れてる本が「これ、普遍的な日本人の働く人の悩みっていうものを、感じているからこそこういうタイトルの本が出ると思うんです」って言って、持ってる本が「入社1年目のExcel仕事術」っていう、すげぇ普通なやつなんだよ(笑)

「う~ん…そうなのかなぁ?」っていう(笑)「それはそうなのかなぁ?」ってちょっと思う感じのやつ(笑)



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事