矢部浩之、岡村隆史の「コロナと風俗嬢」発言による大炎上は「身内に対する甘え」の度が過ぎていったことが元凶だと指摘「やっぱり内弁慶なところあるやんか」

2020年4月30日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之が出演し、岡村隆史の「コロナと風俗嬢」発言による大炎上は、「身内に対する甘え」の度が過ぎていったことが元凶だと指摘していた。

矢部浩之:本番でしか謝らへんよね。オフで絶対ないよね、俺にね。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:俺はもう、サッカー部の後輩でもなんでもないからね。元サッカー部の後輩やけど。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:他の一個上の先輩たちは、サッカー部の後輩です、目の目行ったら。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:でも、もう違うのよね、アンタと俺は。出会ったんは、サッカー部で俺は後輩やったけど。

岡村隆史:うん

矢部浩之:だからね、今日はコンビの相方として、喋りに来ました。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:ぶっちゃけ、岡村さん…さん付けして、「岡村さん、何してはるんですか?」って、これは、サッカー部の先輩・後輩で出会って、僕はもう凄く良かったなぁと思って、スタイル作れたから。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:でも、本当の気持ち先輩やって思ってないのよね。

岡村隆史:うん、それはもうコンビ組んだ時に、「もう敬語やめよう」って言ったし。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:体育会系やから、そういうのももう難しいかなと思ったけど、それはやめようっていうふうに言ったもんね。

矢部浩之:うん。で、形上はやめてんねんけど、俺はだからサッカー部の後輩とコンビを何十年も組んだことないから。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:やっぱりそこは消えてないのよね、先輩っていうのが。ずっとあんのよ。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:だから、オフで謝れないのよ、矢部に。

岡村隆史:あ、先輩としてっていう。

矢部浩之:そう。どっかにあんのよ。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:2010年にパッカーンして…俺、謝られたことないのよね。

岡村隆史:ああ。

矢部浩之:表やったらあるのよ。本番中とか、人がいっぱい集まっているところでは、謝れんねん。いい顔できるから。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:やっぱり内弁慶なところあるやんか。

岡村隆史:そうなのかもしれなかったね、本当に。

矢部浩之:まだ同じ楽屋でおった時に、やっぱこうたとえば、プロデューサーとかマネージャー…俺も大した人間ちゃうけど、なんかコーヒー持ってきてくれたら、「ありがとう」って出るのよね、普通に。で、俺は一回も聞いたことないねん。

岡村隆史:ああ、俺が?

矢部浩之:もうそれは身内やからやねん、多分。甘えてんねん。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:その甘えが、どんどん、どんどん大きくなったが今回やとも思うのよね。

岡村隆史:そうかもしれないね。

矢部浩之:リスナーもありがたいもんね、ずーっとついてきてくれて。

岡村隆史:うん。



ナイナイのANN

本日の人気記事