爆笑問題・太田、新型コロナウイルス対策について小池都知事や安倍総理が「国民の努力にかかっている」発言する言葉の裏に「自己責任」という言葉が付帯していると指摘

2020年4月21日放送の放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、新型コロナウイルス対策について小池都知事や安倍総理が「国民の努力にかかっている」発言する言葉の裏に「自己責任」という言葉が付帯していると指摘していた。

太田光:小池さんなり、安倍さんなり、そういう人たちが「(3密を避けるなど、新型コロナウイルス対策は)どう変わりました」っていうことを、もう一回…

田中裕二:うん。

太田光:じゃないと、これね、「あなたたち国民の人たちの努力にかかってます」って、今日も小池さん言ってましたけど。

田中裕二:うん。

太田光:「努力してるつもりだったんだけど…」っていう人が、多分いっぱいいると思うのね。

田中裕二:そうだね。

太田光:それでもし、感染者が減らなかった時に、その裏側に「自己責任」っていう得意の言葉が、くっついてくるような気がするんだよ。

田中裕二:うん、うん。

太田光:だから、そうじゃなくて「あなたたちのメッセージの出し方は、もうちょっと、どうなんですか?」っていうことを。文句じゃないですよ、これは。

田中裕二:ふふ(笑)そこを何回言うんだよ(笑)

太田光:言論封鎖とか、僕は考えてないですから(笑)

田中裕二:うん(笑)

太田光:なんとなくね、そこは「どうなんだろうなぁ」って思ってるんだよね。

田中裕二:今、なんとなくニュース番組とか、そういうので見てる限りは。

太田光:うん、見てる限り。

田中裕二:いわゆるその3密が全部重なったところはもちろん、でもやっぱり密集しただけでも、密接しただけでもダメっていう感じだからね。

太田光:っていうニュアンスになってるから、それはやっぱりちゃんと、「3密はちょっともう1回、頭から外してください」って言わないと。ずーっとニュースを追って、それこそパソコンやなんかで調べてる人たちばっかりじゃないから。

田中裕二:うん、うん。

太田光:それはちゃんとメッセージを送らないと、それは政治家のやるべき仕事だと思うんだけどね。

田中裕二:8割減らすっていうのも、なかなか難しいけどね。

太田光:うん、俺は引き算すらできないんだから、分かるわけないよ、8割っつったってさ。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事