オードリー若林、ブレイク後の「頭おかしくなりそうなスケジュール」の中でSALU『THE GIRL ON A BOARD』に救われていたと告白

2020年3月24日放送のbayFMで放送中のラジオ番組『ON8+1』(毎週月-木 21:00-22:24)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭がゲスト出演し、ブレイク後の「頭おかしくなりそうなスケジュール」の中でSALU『THE GIRL ON A BOARD』に救われていたと告白していた。

佐藤満春:当時、若林君がパジェロ乗ってた頃だったと思うんだよなぁ。

若林正恭:ああ、それぐらいかもね。

佐藤満春:わりと、若林君が疲れてた頃に聴いてた。

若林正恭:だから本当、移動中に日本語ラップ聴かないと、頭おかしくなりそうなスケジュールだから。日本語ラップ、本当に救われたよね。

佐藤満春:ああ。

若林正恭:これがなかったら、もう35ぐらいでやめてると思う。

佐藤満春:はっはっはっ(笑)危ねぇ(笑)

若林正恭:ふふ(笑)いや、いいんだけど(笑)

佐藤満春:危ねぇ、よかったこの曲(SALU/THE GIRL ON A BOARD feat. 鋼田テフロン)と出会えて。

若林正恭:なんかね、本当のことを言葉にする人たちだから。

佐藤満春:ああ。

若林正恭:やっぱね、それは救われるよね。

佐藤満春:ねぇ、年も1988年生まれということで。

若林正恭:で、この曲、車を走ってて、看板の綺麗な女の子がいて、それが芸能界っていうか、そういう世界で大人に騙されず、生きてって欲しいなぁってことをラップしてんのよ。

佐藤満春:ああ、じゃあ大分、自分がテレビの世界に入ってった後に聴いて?

若林正恭:そうだね、大分後だけど、響くよね(笑)恥ずかしいけど(笑)

佐藤満春:いやいや(笑)



オードリーのANN

本日の人気記事