ケンドーコバヤシ、新幹線で「サンドウィッチマン伊達似」の男に理不尽な要求をされてイライラ「ケンコバ、ちょっと来て」

2019年8月11日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、新幹線で「サンドウィッチマン伊達似」の男に理不尽な要求をされてイライラしたと語っていた。

ケンドーコバヤシ:新幹線でね、僕、喫煙のブースで吸ってたら、サンドウィッチマンの伊達ちゃんみたいなんがバーン入ってきて。

千原ジュニア:ほう、ほう。

ケンドーコバヤシ:俺と同い年か、ちょい上、下手すりゃむっちゃ下、みたいな。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:タバコを吸うでもなく、「ケンコバ、ちょっと来て」って。「コイツ…」って思って。

千原ジュニア:距離の詰め方、凄いね(笑)

ケンドーコバヤシ:一瞬、伊達ちゃんかなって思って「おはよう」って言いそうになったんですよ。

千原ジュニア:ぐらいの風体の恰幅。

ケンドーコバヤシ:はい、恰幅で。アクセサリージャラジャラで。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:「コイツ、デカイ磁石現れたら、どっか飛んで行きよんで」ぐらいの。

千原ジュニア:でんじろう先生が(笑)

ケンドーコバヤシ:でんじろう先生、助けてって思ったんですけど、ホンマに。

千原ジュニア:ふふ(笑)

ケンドーコバヤシ:で、「ちょっと来て?」って思って。「ちょっと来てって、なに?」って。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:「ウチの彼女が、めっちゃ好きで。写真撮って」って。

千原ジュニア:しんどいなぁ…

ケンドーコバヤシ:しんどいですしょ。「ああ、いいよ。連れておいで」「え?いや、来てよ」って。

千原ジュニア:うわぁ、しんどいわぁ。

ケンドーコバヤシ:「はぁ…」って思って。

千原ジュニア:どの辺り?

ケンドーコバヤシ:静岡辺りですかね。名古屋から東京に向かってます。

千原ジュニア:じゃあ小一時間はまだあるわ。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:しんどいなぁ。

ケンドーコバヤシ:ちょっとね。本当にこのコンプライアンスという8文字が出る前やったら、この場でモンゴリアンチョップ決めてやるところなんですけど。

千原ジュニア:あの頃のコバなら(笑)

ケンドーコバヤシ:あの頃の俺なら。アピールしてから、トップロープ登って、ダイビングヘッド落としてやるところなんですけど。

千原ジュニア:あの頃なら(笑)

ケンドーコバヤシ:タバコ消して、「撮ろか」って。俺もギリギリの抵抗、タメ口で。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:で、車両行って、「どこ?」って言ったら、「2つ向こう」「え?」ってなって。

千原ジュニア:遠いね。

ケンドーコバヤシ:「マジか」ってなって。その間、ワゴンセールの女性に「ちょっとごめん、あけて」って。俺が「すみません…」って言いながら。コイツ、後ろからジャーマン決めたろうかなって思って(笑)

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:で、行ったら、彼女いて。これがね、俺が一番腹立ったのが、むちゃくちゃ可愛い。可愛いっていうか、もう寝てみたいというか。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:…で、態度も凄くいいんです。

千原ジュニア:ほう、女性の方は。

ケンドーコバヤシ:「ありがとうございます、凄いファンなんです」って。で、男はご満悦な顔をしてるんですよ。

千原ジュニア:「俺が連れてきたるわ」って行ってるから、「なぁ?」ってなもんや。

ケンドーコバヤシ:「なぁ?」ってなもんで。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:で、写真撮って。「笑顔くれよ」みたいな。

千原ジュニア:そういう要求もされんの?

ケンドーコバヤシ:はい。ホンマイライラしたんですよ。全て捨てて、やってやろうかな、コイツって。でも、よく見たら腕太いな、やめとこう、みたいな。模様も入ってるなって。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:で、誰もいないデッキで立ち止まって。「なんでこんな思いせなアカンねん」って。解消するにはどうしたらエエねんって思って。意外といいのみつけたんですよ。

千原ジュニア:ほう、教えて。今後そういうこともあるかもやから。

ケンドーコバヤシ:はい、これマジで使ってください。

千原ジュニア:ほう。

ケンドーコバヤシ:誰もいないデッキで、「ひぐちカッター!」って。

千原ジュニア:ふふ(笑)

ケンドーコバヤシ:…なんすか?「ひぐちカッター!」って。…分かってます、全然解けてないですよ、僕も(笑)

千原ジュニア:ふふ(笑)



にけつッ!!

本日の人気記事