東野幸治、『ドッキリGP』で髭男爵ひぐち君がかけられた衝撃的すぎるドッキリを絶賛「映画じゃないですか」

2021年8月27日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、『ドッキリGP』で髭男爵ひぐち君がかけられた衝撃的すぎるドッキリを絶賛していた。

東野幸治:髭男爵のひぐち君がドッキリかかるんですね。それ見て欲しいです、TVerであるから。

人間ドックの特番みたいなんで呼ばれて、「検尿とってください」みたいなことを言われて、最初にインタビューで「どうですか?人間ドック行ってますか?」とか。で、検尿でトイレ入って。それで、紙コップ持たされて、おしっこしようって思ったら、大の方入ってるから、その隙間の方からねずみの人形4つぐらいが行進してって。で、爆破バーされるんですよ。

それよくある『ドッキリGP』のドッキリなんですけど、あれ意外と編集面白くて。爆破する時だけ、トイレの入口の定点カメラで映すんですよ。ほんなら、トイレの大のところの下と上が光るんですよ、銃乱射みたいな感じで。それが『ゴッドファーザー』っぽくて好きなんですよ(笑)暗殺されたみたいな感じで。

で、「実はドッキリでした」「勘弁してくださいよ」でちゃんちゃんで終わって。で、トイレ出ていくんです、ひぐち君。ほんなら、急に謎の人が現れて、目の前で手をパンって叩くんですよ。

ほんで、「今されたドッキリのことは全て忘れます。4つ数えて手を叩くと全て忘れます」って。ほんなら、もう全て忘れてるんです。元々、ひぐち君、凄く催眠術かかりやすいんです。ほんで、事前に違う番組で予備催眠かけられてるんですよ。

ほんでパッと忘れるんですね。それで気づいたら、最初の楽屋の控室で、人間ドックの格好したまま、寝転がってて。ほんで、スタッフ入ってきて、「今から人間ドックですけど、普段、人間ドックとかされてるんですか?」みたいな感じで言われて、コメントを言う。ほんで、「検尿お願いします」って言う。で、トイレ入る、ねずみが来る、爆破される。ワーワー、で、出てくる、「実はドッキリでした」「ちょっと!ひぐちカッター!」で、出て行く、パンッと。

それ8回するんです。これ8回。ほんで、めちゃくちゃ面白いんが、オープニングも途中のコメントも全部一緒なんですよ。これ、画期的やなって思って。ちょっと映画じゃないですか。ぜひ海外の人に見てもらって、コメント聞きたい。

で、もちろん面白いって声もあるけど、ほとんどが「怖い」とか(笑)だからあれ、凄いなぁと思って。ほんで本人に全てネタバラシをして。ほんで、全部の催眠術を解く瞬間の顔が、「ちょっと勘弁してくださいよ~」みたいな感じになるのよ(笑)

実験的でしょ?面白いなぁと思って。なかなか催眠術かかりやすい人、かかりにくい人いるけど。ちょっと多分、ディレクターもセンスあるところ見せたいから、最初の楽屋のところに花瓶があって、ひまわりが一本差してあるんですよ。

で、二回目、三回目になったら、ひまわりが一輪ずつ増えていくんですよ(笑)俺、心の中で「何シャレた感じにしてんねん」みたいな(笑)「センスあるでっしゃろ感、何出してんねん」って(笑)

それ「センスあるでっしゃろ」感、何出してんねんって(笑)それを出すのがダサいわ思って(笑)



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事