加藤浩次、極楽とんぼというコンビが終わるのは「芸人を始めた頃の意地」が続かなくなった時であると語る

2021年8月21日配信開始の『RED Chair+』にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、極楽とんぼというコンビが終わるのは「芸人を始めた頃の意地」が続かなくなった時であると語っていた。

加藤浩次:なんか俺の中でね、「極楽とんぼ」ってなった時に、俺のキャラクターとか、テレビ出てくキャラクターとか、暴れん坊とか、そういうのを作ってったもんじゃん、極楽とんぼって。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:だから俺、「極楽とんぼ」っていうのは、加藤浩次本体では全くなくて。加藤浩次の中にある、東京出てきた時の、意地だね、意地。

山本圭壱:意地?

加藤浩次:うん。俺、芸人になった時に、スイッチを入れた気がするんだよ、自分で。

山本圭壱:ああ。

加藤浩次:芸人になった時じゃないな、山本さんと会って、極楽とんぼっていうのを結成して。その時に、ガチッてスイッチ入れた気がするんだよ。

山本圭壱:ああ。

加藤浩次:だからやっぱり、残そうとしちゃうんだよね。

山本圭壱:ああ、そう言われたらしっくりくるな。

加藤浩次:変な話、もう極楽とんぼじゃなくてもいいのに(笑)

山本圭壱:ふふ(笑)

加藤浩次:じゃない?

山本圭壱:特にあなたはそうですよ。

加藤浩次:いや、お互いそうでしょ。「けいちょん」でいいじゃん。

山本圭壱:いや、ヤダよ。

加藤浩次:意地だよ、なんか。なんかの。でも、その間は続けるんだろうなぁ。意地が続かなくなったり、「もうこれいいや」ってなった瞬間に終わるんだと思う。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:その時に俺は、芸能界もうやめるんだろうな。仕事がなくなってやめるのか、自分からやめるのか分からないけど。

山本圭壱:うん。でも、意地はわかる。あなたの意地は。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:それ、10年俺いなかった時代も、ずっと「極楽とんぼ・加藤浩次です」って言ってるのは。

加藤浩次:もう意地よ。あなたのためとか、美談にしてくれるのは周りにいっぱいいるんだけど。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:ただ俺の意地よ。

山本圭壱:うん。だから、「極楽とんぼとはなんですか?」って聞かれたら、「加藤浩次の意地に俺は付き合ってる」ってことよ。

加藤浩次:ふふ(笑)それでいいのか?(笑)

山本圭壱:うん。

加藤浩次:じゃあ、もうちょっと付き合ってもらうしかないなぁ。

山本圭壱:意地張ってくれよ(笑)



その他

本日の人気記事