加藤浩次、「私はやりたいんですけど、事務所が…」と言ってラジオ番組を降板していった売れっ子タレントたちを「俺らは何年も見てきてるから」と発言

2021年1月14日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、「私はやりたいんですけど、事務所が…」と言ってラジオ番組を降板していった売れっ子タレントたちを「俺らは何年も見てきてるから」と発言していた。

小沢一敬:ツアーや、取材や、テレビや。何ならドラマとかも始まっちゃうんじゃない?

大谷映美里:ふふ(笑)その未来があるとしても、ラジオだけは外せないですね。

小沢一敬:ふふ(笑)

大谷映美里:ラジオだけはっていうか、ラジオは外せない(笑)

小沢一敬:いる、いる。こういう子、いる。

加藤浩次:結局な、結局、本当に今までの定石ですよ。

大谷映美里:定石?

加藤浩次:「私はやりたいんだけど、事務所が…」とか。

小沢一敬:よく聞きましたね。

山本圭壱:出た、出た。

加藤浩次:それを、俺らは何年も見てきてるから。

山本圭壱:そっちか。

大谷映美里:見てきてますか?

加藤浩次:そういう人らをな、何人も見てきたよな?

山本圭壱:何人も見てきてますよ。

大谷映美里:最初は、私みたいな人でも、そういうふうになっちゃうんですか?

加藤浩次:そうよ、忙しくなったら。

山本圭壱:忙しくなったら、いつの間にかいなくなっちゃう。

加藤浩次:忙しくなったら、この夜10時から11時半の時間が本当にもったいなくなってきて、面倒くさくなってくるんだよ。

小沢一敬:そうだよ。

山本圭壱:同じ事務所の若手に切り替わる、みたいな。

加藤浩次:その通りです。よくある。

大谷映美里:ヤダ、ヤダ。譲りたくないです、この場所は。このファミリーでやりたいです。

加藤浩次:だって、事務所が「次、ドラマとか入るから、この時間、空けなきゃいけないから」って。

小沢一敬:「変な話、ギャラにもなんないし」とか言い出しますよね。

加藤浩次:で、「後輩に譲るわ」ってなったらどうする?

大谷映美里:「やります」って言います。

大谷映美里:「いや、ダメだ。もう後輩に譲るの決まってるし、スケジュールここ空けないと。違う仕事入れなきゃいけないから」って。

大谷映美里:それはもう、「そうですか…」ってなりません?

小沢一敬:それでも踏ん張る姿が見たかった。

山本圭壱:そうだね。



アッパレやってまーす

本日の人気記事