岡村隆史、加藤浩次が吉本興業批判や「辞める」発言をしてしまったのは相方・山本圭壱の謹慎の件もあり「色んな思いが爆発してしまった」と語る

2019年7月25日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、日本テレビ系の番組『スッキリ』で、ごく・加藤浩次が吉本興業批判や「辞める」発言をしてしまったのは相方・山本圭壱の謹慎の件もあり「色んな思いが爆発してしまった」と語っていた。

岡村隆史:加藤浩次が「ワラララーッ!」って言ってしまったっていうか(笑)まぁ、加藤浩次のああいう…あそこも俺は、男気やと思う。あそこが加藤浩次なんやと思う。

せやけども、「そんなことを言うな」と。吉本にいないといけない人間やし、いなくなってもらったら困るんです。俺ももちろん困るし、仲間やしね。一緒にずっとやってきたから、そういうので辞めるって言われても、いやなんです。

だから、僕はもう勝手に言いますけど、加藤浩次…「吐いた唾は呑めない」って言うかもしれへんけど、辞めません。辞めさせません。「絶対辞める」って言うても、辞めさせません。

連絡はしました、すぐに言うた時に。「感情的になってへんか?」と。「アカンで」って言うたけど。「それはもう、とりあえず会長とも話はするし」っていう。「うん、それは分かるけれども、ホンマに抑えるところは抑えなアカンよ」とは言うたけども。

たしかに、喋ったら冷静やねん、別に。いつもの普段喋る加藤浩次やねんけども、多分、その加藤さんの思いはやっぱりあるねん。それは何かって言うたら、山本さんの一件やねん、絶対に。

その時のいろんな思いがもう、爆発してしまって。ああいうふうになったんやと思うけれども。



ナイナイのANN

本日の人気記事