山里亮太、打ち上げで「睨みつけられていた」ビスケットブラザーズ原田から「真っ二つになったメガネ」を送りつけられる

2020年7月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、打ち上げで「睨みつけられていた」ビスケットブラザーズ原田から「真っ二つになったメガネ」を送りつけられたと明かす。

山里亮太:ABCお笑いグランプリのMCをやらせていただきまして。で、優勝はコウテイということで。そのコウテイが、『ワイドナショー』行って大暴れしたっていう。さすがですよ。

で、打ち合わせに行かせてもらったら、言ったらね、敗れ去った者たちの悔しい思いとかあったりする中で、俺は後輩に慕われてないんじゃないか、と。その中でも、ビスケットブラザーズ、言ってもファーストラウンドで惜しくも敗れためちゃくちゃ面白いコント師がいてね。

その原田君っていうのが、俺を睨みつけているぐらいの感じだった、みたいな話をしたら、手紙がきまして。ビスケットブラザーズの原田君が。封書で送ってきたんですよ。

原田:ビスケットブラザーズ原田です。ABCお笑いグランプリでは大変お世話になりました。前回の放送を汚ぇ酒を飲みながら、公園で一人聞かせていただきました。

そこで「負けた僕たちに申し訳ないことをした。原田君、怒ってるかな」と気にしてはるのを聴きました。

後輩の立場から、怒っているかどうかをお答えすることはできませんが、僕たちは喧嘩が強いです。

また会えるのを楽しみにしております。

山里亮太:イカついのよ、でっけぇしね、分厚いしね。どういう意味なのかなって思ってるわけですよ。「また会えるのを楽しみにしてる」ってことは、慕ってくれてるのかな。でも、喧嘩が強いアピール何なんだろうね(笑)

で、手紙と一緒にね、あるものが入ってたんですよ。真っ二つになったメガネ入ってたのよ。このメッセージ、どう思う?

「お前の赤メガネもこうだ」…これ見て、割ってんじゃない。ねじり切ってるよ!おい、やる気じゃねぇか。喧嘩売られてる?やだよ、買うの。藤本、助けてくれ!



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事