山里亮太、加藤浩次に『スッキリ』天の声で「仕切ってやろうって感じが出てるね」と言われて思わず赤面してしまったと告白「マイクの先で真っ赤に」

2020年5月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、加藤浩次に日本テレビ系の番組『スッキリ』天の声で、「仕切ってやろうって感じが出てるね」と言われて思わず赤面してしまったと告白していた。

天才はあきらめた

山里亮太:肩の力抜けてる感を、相方を見て練習するんだけど、難しいんだね、抜いた感じでやるって。

どうしたらいいんだろうって思って。だから今もさ、俺ってなんか…ラジオは別にいいんだもんね。素の感じを、どうやったら出せんのかなって思って。

本当に相方を見て勉強しちゃってんだよね。なんかいじましいのかな、俺。意地汚いのかな、俺。「芯食ってやろう」みたいな。

そんなことないのよ、天海祐希さんとか沢村一樹さんの時。でも、加藤(浩次)さんが気づいたのよ。「いやぁ、なんか仕切ったろうみたいになってんね」って言われた時に、俺の親友の天の声が、本当に声だけだから伝わらなくてよかったけども、マイクの先で真っ赤になってるから、顔が。

真っ赤で、そっからちょっとグダッたのよ。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事