ピンクピン太郎(赤江珠緒の娘の『たまむすび』での呼び名)

スポンサーリンク

元ネタは、NHK『NEWS7』でのシャンシャン特集。まだ名前のついていなかったシャンシャンに対し、インタビューされた少女が(生まれたばかりでピンクであったため)「ピンクピン太郎がいい」と答えていたことから。

この話題にピエール瀧が食いつき、「ピンクピン太郎」のネーミングを絶賛。その後、赤江珠緒の娘の名前について、「ピンクピン太郎はどうか」と提案したため、赤江はその後娘のことを『たまむすび』で話す際には、「ピンクピン太郎」「ピン太郎」と呼ぶ。

なお、ピン太郎は生まれたばかりの頃、「ひふみんに似ている」と言われており、その成長過程で「豪栄道」「ムロツヨシ」「清宮幸太郎」「春風亭小朝」と似ている人物が変わっていると赤江は語っていた。

タイトルとURLをコピーしました