ラジサマリー

芸能人のラジオ・テレビ番組での発言まとめサイト

松本人志やバナナマン設楽らも絶賛した、キングオブコント2018優勝の「ハナコ」についての芸人コメントまとめ

   

松本人志も絶賛

徳井健太:設楽さんと松本さんが凄かったです。「こんな面白い子たち出てきたんだ」とか。

田村亮:ああ。

徳井健太:松本さんも、「この子たちは優勝しなくても、今後出てくるだろうね、こんなに面白いんだから」って。

田村亮:2本こんだけ立てれるんやったらって。

徳井健太:「凄い褒めてる」って思って。それが優勝しちゃってね。

加藤浩次:そこまで言われたら優勝するだろうね。

ノブコブ徳井、キングオブコントで優勝したハナコが松本人志やバナナマン設楽に絶賛されていて驚く「もうすげぇ褒めてました」

「先月の給料0円」からの激変

設楽統:なんか、知らなくたってさ、結構営業行ったりとかさ、なんかで仕事してんのかなぁって思ってたから。0円って凄くない?先月。

日村勇紀:いやぁ、ありえない。

設楽統:それでもう、1,000万だよ。

日村勇紀:ちょうどそういう穴だったのかな。本当に何も入らなかったっていう。

設楽統:でも、その前の月は2万円ぐらいなんだって。

日村勇紀:ああ、じゃあずっとないんだね。それが急に1,000万だもんね。3人だから割るけど。

バナナマン設楽、キングオブコント2018優勝のハナコが「先月の給料が0円」だったことに驚く「0円って凄くない?」

土田晃之も「売れる」と太鼓判

ハナコは売れる要素あるかなって思ってて。『にちようチャップリン』で番組やらせてもらってて。ハナコも何回も来たりとかしてて、まだ若いんですけど、上手っすわ。

芸人さんってさ、センスがあるネタ、フレーズがあったりとか。「こういうシチュエーションを選ぶんだ」とか。「こういう設定とか凄いな」とか、そっち側に芸人さんって評価しがちなんだけど、お客さんの投票の番組なんだけど、見てると、一般の人って単純な面白さの中に、ポップさね。明るい感じだったりとか。

だからたとえば、シソンヌってさ、凄いネタ面白いと思うの。「そういうところに目をつけるんだ」ってなるけど、ポップさはないじゃん、言っても(笑)2人とも明るいわけでもないから。

そういうの見てると、だからラフレクランってコンビだったりとか。吉本興業にいるんだけど。あと、ネルソンズって3人組が吉本にいるんだけど、ネタも面白いの。でも、凄いセンスがあるって感じではないんだけど、でも単純に面白くて。あと、ポップさもあるんだよね。キャラも立ってるっていうか。

やっぱ、こういう人たちって、面白いって票も入るし、きっと売れるってこういう感じなのかなって思ってて。ハナコもまさにそんな感じで見てて。

岡村隆史は「次世代のコント」と評していた

ハナコの決勝のネタ。これ、なに考えてこんなん作れたんやろうっていう。

もう、段々、笑けてきて(笑)「凄いなぁ」と思って。だから、確かにちょっと今までのそのコントっていう…「次の世代の人たちが来たんやな、多分」っていうふうに思ったなぁと思って。

だから、なんやろう…どこでこのコントの作り方とか覚えたんやろうなぁっていうさ。ダウンタウンさん世代のコントの作り方とも、ちょっと違う。かと言うて、さまぁ~ずさんとかともちょっと違う。ウンナンさんとももちろん違う。

でも、なんかそれらを上手いことミックスして。知らんけど、そのコント師のみなさんのことあんまり知らんねんけど、気がついたらそれをミックスしてて、なんか上手いこと、凄い面白いコントになってるじゃないですか。
岡村隆史、キングオブコント2018は「次世代のコント」の幕開けを感じたと指摘「ダウンタウンさんやさまぁ~ずさんらとも違う」

審査員を務めたバナナマン設楽も絶賛

設楽統:総合で言うと、やっぱハナコが面白かったかね。

日村勇紀:面白かった。

設楽統:優勝するだけあって。

日村勇紀:うん。

設楽統:ああいう、一本目のイヌのやつとかさ、普通に面白かったけど。二本目の「つかまえて」っていうところからの。

日村勇紀:うん。

設楽統:言ったらさ、訳わかんない世界じゃない、それだけだし。

日村勇紀:うん。

設楽統:でも、アレで突き通して、ちゃんとああやって面白く見せることができるって、なんか「最近のコントやる人の中じゃ珍しいな」とか。

日村勇紀:うん。

設楽統:マイム的な走る感じで笑いがとれたりとか。
バナナマン設楽、ハナコのキングオブコント2018のネタで「ジャドーズのコント」を思い出したと明かす「カップルが海で遊んでて…」

事務所の先輩・アンガールズ田中も祝福

田中卓志:良かったです。ワタナベエンターテインメント初の賞レース、チャンピオンなんですよ。

ケンドーコバヤシ:うん。

田中卓志:これが会社的には大きいです。

ケンドーコバヤシ:初めてやもんね。

山根良顕:ファイヤーサンダーとか、関西のは優勝したりとか。

田中卓志:いわゆる、M-1とか。

ケンドーコバヤシ:三大タイトルね(M-1グランプリ、キングオブコント、R-1ぐらんぷり)。

田中卓志:三大大会は初めて獲ったんですよ。

ケンドーコバヤシ:うん。大坂なおみみたいなもんや、言うたらな。

田中卓志:ああ、大坂なおみ(笑)

ケンドーコバヤシ:うん。

田中卓志:まぁ、そうですよ。女子で日本のね。

ケンドーコバヤシ:うん。

田中卓志:だから、これからハナコが、ステップアップして売れていく姿を。
アンガールズ田中、ハナコがキングオブコントを制しナベプロ芸人初となる三大賞レースでの優勝を果たしたと語る「会社的には大きい」

 - 未分類 ,